【明秀日立高校】細川拓哉のドラフトは?DeNA成也と兄弟

こんにちは、ヨシラバーです。

明秀日立高校の細川がプロ野球に挑戦する届をだしました。

兄は成也はDeNAであり、兄弟をそろっての活躍をみてみたいですね。

細川拓哉のプロフィールは?

名前:細川拓哉(ほそかわ たくや)
出身:茨城県北茨城市
身長:175cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:投手
経歴:北茨城市立中郷中学校→明秀日立高校

細川拓哉の少年時代は?

細川投手は、小学1年生から「北茨城リトル」で野球を始めました。
中学では「いわきシニア」に所属し、主に内野手としてプレー。

 中学時代には、足腰を鍛えるため、野球と並行して陸上部に所属していました。
なんと、中学3年生の時には、400メートル走茨城県1位になり、全国大会にも出場しています。
兄の成也選手も中学時代には、「ジャベリックスロー(小中学生向けのやり投げ種目)」で、ジュニアオリンピックへ出場し、77.42mという中学生記録を達成していました。

細川拓哉の明秀日立高校時代は?

 2年秋の新チームで5番エースの座を掴み、全10戦登板の奮闘で茨城県大会優勝し、関東短かいも準優勝を達成しています。
 入学当初130㌔台に留まっていた真っすぐの自己最高球速を144㌔までアップしました。
 

3年では、茨城県の強豪校・常総学院と対戦した茨城大会準決勝で9回8安打5対4完投勝利を記録しています。
 3年夏の茨城大会は土浦日大高に9回16安打8失点と打ちこまれて8強敗退しています。土浦日大はそのあと甲子園にいくことになりました。

兄の細川 成也の高校時代は?

明秀学園日立高校への進学後は、2年春からベンチ登録されます。

 3年春の高校野球フェアでは、推定飛距離150mの本塁打で開催地・長良川球場の外にある建物の屋根を直撃するなど、6試合で5本塁打を放ったことによって一躍注目される[6]

 また、投手としてもストレートで最速146km/hを計測。エースとクリーンアップの「二刀流」で臨んだ3年夏の茨城大会では、チームを史上初の決勝進出に導いたが、常総学院高校に敗れてしまいました。

細川拓哉のプロのスカウトは?

阪神・平塚スカウト
 「馬力があって先発、抑えどこでも任せられそう」
巨人・岡崎郁スカウト部長
 「投げるほうも打つほうも馬力がありますね。体の強さを感じます。ピッチャーとしての力もありますが、あの力強いスイングを見ていると、バッターとしても高い魅力を感じる選手です。春の関東大会でも、豪快なホームランを打っていました」

まとめ

茨城県といえば常総学院ですが、阪神の大山のつくば秀英高校だったり、コンスタントに活躍をする選手をだしていますね。

兄弟そろってのプロを見てみたいです。