松井秀喜の星稜高校での伝説!2018夏の甲子園では始球式!

こんにちは、ヨシラバーです。

甲子園のスーパースターであり、巨人の4番であり、ヤンキースの4番であった松井秀喜がなんと甲子園で投球式!その直後に星稜高校の試合があります。

運命って怖いですね。

松井秀喜の始球式!100回「甲子園レジェンド始球式」!星稜高校はその直後

初日には星稜出身で、松井秀喜氏の始球式があります。星稜高校は松井氏の始球式の後に登場することになりました。

松井秀喜星稜高校に入学、野球は大学までやれれば

星稜高校監督の山下からの熱烈な勧誘や、中学野球部監督やコーチの高桑らに薦められ、星稜に進学することに決めた。

「野球は大学までやらせてもらえれば」という程度だったが、高校時代に打者として注目を浴びるにつれて、高校を卒業してプロ入りする思いが強まっていったといいます。

星稜高校では投手からファースト、そして三塁へ!「北陸の怪童」「星稜恐怖の1年生4番」

投手として入部したが、すぐに野手(一塁手)に転向。その後、三塁手に転向します。

星稜高校の入学式前から野球部の練習に参加し、1年生から4番打者を務め「北陸の怪童」「星稜恐怖の1年生4番」として、話題となりました。

本塁打もこの頃から推定飛距離で140mを超すものもあったが、夏の甲子園では初戦の対日大鶴ヶ丘戦で難波投手に3打数0安打で押さえ込まれチームは初戦敗退し、「甲子園は怖いところです」と話しています。

松井秀喜の星稜高校2年目!清原和博と同じ化け物

高校2年の夏の甲子園では、3回戦の竜ヶ崎一高校戦でライトスタンドに甲子園初本塁打を放ちます。

準々決勝では松商学園に勝利して北信越大会の借りを返す。

夏休みに部内で体力測定を行った際、背筋力250kg、バーベル上げ150kgと、関係者曰く「清原和博以来の数値」を出しています。

松井秀喜の星稜高校3年目!5打席連続敬遠の伝説

新チームではキャプテンに指名されます。

星稜では毎年キャプテンは部員による投票によって選んでいたが、山下が松井の統率力や影響力を高く評価していたため、特例として任命でした。

ラッキーゾーン撤去も僕には関係ない

高校3年春のセンバツでは、阪神甲子園球場のラッキーゾーンが撤去されて本塁打が激減したにもかかわらず、「僕には関係ありません」というコメントを残す大物ぶりです。

その言葉通り、開幕試合である初戦の宮古高校戦で2打席連続本塁打、1試合7打点、2試合連続本塁打の活躍ぶりを長嶋茂雄が見ていたのがきっかけで巨人入りしたという話もあるそうです。

伝説の5打席連続敬遠

夏の甲子園は2回戦の明徳義塾高校戦で敗退しましたが、この試合で松井が受けた5打席連続敬遠は、高野連が急遽記者会見を開くなど、社会問題にまで発展します。

明徳義塾監督の馬淵史郎は試合後、「(星稜の練習を見て)高校生の中に一人だけプロの選手が混じっていた」とコメントしている。

星稜高校通算成績は

高校通算打率は.450、本塁打は60本。

「柵越えしたものがホームラン」という松井のこだわりから、ランニングホームランは数に含まれていません。

まとめ

松井秀喜は甲子園の5打席連続敬遠があったからこそ、プロでのどんなつらいことがあっても頑張ることができした。

5打席連続敬遠された選手で騒がれたからには、プロで活躍をしないと名に恥じるとかんがえていたのですね。

高校時代は生意気なものですが、この性格には脱帽します。