巨人丸佳浩の成績は由伸や阿部慎之助や松井秀喜に並べるか

こんにちは、ヨシラバーです。

丸佳浩の入団会見は、「子供の頃からプロ野球と言えば東京ドームだった」と明かすなど、G党だった会見が記憶に新しいです。

特に千葉出身である高橋由伸や阿部慎之助に憧れるのは必然ですね。

また、松井秀喜でもありました。

佳浩のプロフィール

国籍  日本
出身地 千葉県勝浦市
生年月日 1989年4月11日(29歳)
身長177 cm
体重  90 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手(主に中堅手)
プロ入り 2007年 高校生ドラフト3巡目
初出場 2010年9月12日

丸佳浩は高橋由伸の竹竿による練習を取り入れいた

中学生のころは、高橋由伸が天才となった練習の一つである竹ざおを振って、素振りをしていました。基本は素振りです。

高橋由伸からみた丸佳浩は?

高橋由伸からみて丸佳浩はどんなバッターなのか報知新聞て話しています。

どんな打者?

出塁率が特に高い。ボール球を振らないのが最大の特長かな。打率を残し、長打力もあって、選球眼も持ち合わせている。本当に厄介だった。四球はヒットと同じ。打席での集中力がものすごいんだろうね。(※1)

成長を見てきた

若い頃からパンチ力のある選手だなと思っていた。背番号が63の頃からね(※2)。青木(ヤクルト)みたいに逆方向にも大きいのを打てていた。ただ粗さもあったかな。ここ何年かで一気に良くなったイメージ。レギュラーとして起用されるようになって、1打席勝負から4打席になり、結果を出す面での安心感がそうさせたのかもしれない。

打者・由伸と比較して

あの素質は羨ましいよ。一つ一つのレベルが俺なんかより上だと思うよ。選球眼もそうだし、足は数段上。でも長打力や打率という部分ではタイプは似ていると思う。でもトータルではかなわないかな。

丸佳浩にとって阿部慎之助は?

父も阿部慎之助のファン

もともと左だったのに、阿部の影響もあり、父親に右利きに交換させられました。

東京ドームでは阿部慎之助のリストバンド

「僕が小学校6年生の時(01年)に阿部(慎之助)さんが入団された。僕はソフトボールをやっていて、キャプテンで背番号10をつけて、キャッチャーをやっていた。さらに右投げ左打ち。阿部さんのリストバンドを東京ドームで買って、それを着けて試合に出ていた事もありました(笑い)」

プロ野球選手なら誰もが憧れる松井秀喜

丸佳浩は、以前広島市内の三育学院小学校で「少年時代と今」をテーマに講演を行った。

質問コーナーでは児童から「憧れの選手は誰ですか?」との質問され、小さい頃は巨人ファンで松井秀喜氏のファンだったことを明かしています。

原監督から丸佳浩は由伸や松井と同じ左バッターのスラッガー

原監督から「左の長距離砲がチームにぜひ必要。前ならば松井、高橋由伸であったりと。まさにその2人をだぶらせた」と日米通算507本塁打の松井氏、321本塁打の高橋前監督の名前を列挙しました。

原監督は「何より、彼が勝っているのは守備力と走力」と続けたています。

丸は「雲の上の存在、憧れでしかなかったけど、少しでも近づけるように頑張っていきたい」と受け止めていました。

まとめ

憧れの東京ドームで大暴れしてほしいですね。

シェアする