【巨人】丸佳浩の入団で好影響!丸効果とは?小笠原道大感?

首脳陣が一新したことにより巨人キャンプの様子が昨年と変わっています。紅白戦や実践練習をここまで真剣に見たのは初めてかもしれません。

そして丸佳浩の移籍でも好影響が出てきています。

丸佳浩とは?

あだ名は「まるる」に決まりでしょうか?

出身地 千葉県勝浦市
生年月日 1989年4月11日
身長 体重 177cm 90kg
ポジション 外野手
投打 右投左打
経歴 千葉経大付高→広島→巨人
ドラフト 2007年高校生ドラフト3巡目

原監督「いい影響を与えてくれる」

入団会見で原監督が丸に期待することとして、練習スタイルをあげています。

「練習量を伝え聞くところでは野球界の歴史でも何本かに入ると思います。ジャイアンツにいい影響を与えてくれると思います」

丸佳浩の影響は?

現時点での影響は形からはいるものに限られていますが、これから変わってくるのでしょうか?

フェイスガード付きへルメット

内角攻め対策としてフェイスガード付きヘルメットを着用する選手が続出。阿部慎之助、坂本勇人、陽岱鋼などが着用。

丸佳浩は広島時代からフェイスガードを着用していましたが、巨人でもやはり真似する人が続出! フェイスガードとは?写真の坂本のヘルメットに装...

坂本勇人も「シュッ」

丸はティーバッティングを行うときに「シュッ」と言いながら打つのですが、坂本も真似し始めました。

「どういう感じでやってるか試してみただけ。悪くはなかったですよ。感覚の問題ですけど、彼がやっている意味がなんとなく分かった」

テレビでもとりあげられる。

炎の体育会TVの山田哲人は凄かったですね!パーフェクト達成の偉業を成し遂げました。 私はバッティング時に山田が出している声が気になりました...

亀井善行も「勉強になる」

亀井善行も勉強になると話しています。坂本と亀井がいうのであれば若手に波及しますよね。

「学ぶところがいっぱい。僕は年上だけど勉強させてもらいながらやっていきたい」

小笠原道大の影響

2007年〰2013年に在籍した小笠原道大は丸ににていると言われています。

小笠原は誰よりも練習しており、「あれだけの成績を残している小笠原さんが、朝早くから、トレーニングと体のケアをしている」と若い選手は衝撃を受けた。

アーリーワークが導入される

WBCの直後から、アーリーワーク(早出練習)が導入されるようになりました。バッテリーの代表は阿部、内野が小笠原、外野が谷と3人が分担して指揮をとっていました。

それまで巨人は他球団と比べて練習量が少ないと批判されてきましたが、早出練習は、日常の光景となり、デーゲームでは午前10時、ナイターでは午後2時には東京ドームで打球音が聞かれるようになった。

「巨人に来たときは低迷期でね。非常に印象に残るプレーヤー。個性があって、プロらしい選手。大成功者だと思うし、胸を張ってユニホームを脱げるんじゃないかな」

まとめ

丸はお酒や夜遊びはせずに真っ直ぐ帰宅するそうです。原監督が求めているのは練習への姿勢ですが、個人的にこちらの影響にも注目しています。

シェアする