中日のショート・遊撃手争い?歴代一覧!守備!打撃の評価!京田陽太に根尾昂!井端!2022

中日ドラゴンズ
この記事は約9分で読めます。

中日のショート・遊撃手争い?歴代!守備!打撃の評価!京田陽太に根尾昂!井端!2022

中日ドラゴンズのショート争い?歴代!京田陽太に根尾昂しかいない

中日ファンにとって根尾君の獲得は、立浪再来かもしくはそれ以上の素材と話題となってます。

根尾君は二刀流で知名度を上げてきましたが、なんと高校時代から遊撃手一本で考えていたとのことです。

京田は27歳とこれから選手として脂が乗り切ってくる時期に差し掛かる。一方で、根尾は21歳で来年がプロ4年目。焦る必要はないが、一流と呼ばれる選手たちはプロ入りして4年以内には爪痕を残している。

ライバルは京田ですが、守り切っていたポジションであり、高卒新人には譲れないと話しています。

中日ドラゴンズのショート・遊撃手争い?歴代一覧!守備!打撃の評価!京田陽太に根尾昂!井端!2022

2016年中日ドラフト2位・京田陽太ですが、よく巨人吉川直輝と比較されます。2017年のドラフトでは、中日スカウト陣はどちらも指名できる状況であれ、京田優先という評価で一致していたそうです。

中日ドラゴンズ歴代ショート(遊撃手)一覧!

まずは1950年以降、そのシーズンの主にショートを守った選手を確認してみましょう。さいきんでは京田です

選手名背番号試合数打率本塁打打点タイトル
1950松本 和雄71350.258152
1951土屋 亨2910.279430
1952牧野 茂331170.244221
1953牧野 茂11180.241435
1954牧野 茂11120.197230
1955牧野 茂11070.202012
1956岡嶋 博治121130.247623
1957牧野 茂11270.217125
1958今津 光男361020.174313
1959前田 益穂141210.238834
1960前田 益穂14990.222110
1961河野 旭輝121240.275940ベストナイン
1962河野 旭輝121140.2571033盗塁王
1963河野 旭輝121140.2941454
1964アスプロ41010.2821242
1965アスプロ4780.256838
1966一枝 修平21190.265730ベストナイン
1967一枝 修平21170.230636
1968一枝 修平21150.2721347
1969一枝 修平21290.233729
1970一枝 修平21260.242728
1971バート61220.174328
1972バート21240.1911251ダイヤモンドグラブ賞
1973広瀬 宰2870.194313
1974広瀬 宰21250.229526
1975広瀬 宰21040.241513
1976正岡 真二51150.22218
1977正岡 真二511200.236012
1978正岡 真二511190.228019
1979宇野 勝71220.2651237
1980宇野 勝71210.2451244
1981宇野 勝71280.2822570
1982宇野 勝71250.2623069ベストナイン
1983宇野 勝71290.2692764
1984宇野 勝71300.2533787本塁打王、ベストナイン
1985宇野 勝71300.2744191
1986鈴木 康友371190.2341130
1987宇野 勝71300.2703080ベストナイン
1988立浪 和義31100.223418新人王、ゴールデングラブ賞
1989宇野 勝71190.3042568
1990立浪 和義31280.3031145
1991立浪 和義31310.2901045
1992種田 仁11020.246327
1993種田 仁11320.2541040
1994種田 仁1410.158310
1995種田 仁1890.225822
1996鳥越 裕介41770.276317
1997鳥越 裕介411240.208216
1998李 鍾範8670.2831029
1999福留 孝介11320.2841652
2000福留 孝介1970.2531342
2001井端 弘和481400.262132
2002井端 弘和481350.290425ベストナイン
2003井端 弘和61050.267527
2004井端 弘和61380.302657ベストナイン、ゴールデングラブ賞
2005井端 弘和61460.323663ベストナイン、ゴールデングラブ賞
2006井端 弘和61460.283848ベストナイン、ゴールデングラブ賞
2007井端 弘和61440.296545ベストナイン、ゴールデングラブ賞
2008井端 弘和61060.277523ゴールデングラブ賞
2009井端 弘和61440.306539ゴールデングラブ賞
2010荒木 雅博21360.294339
2011荒木 雅博21350.263224
2012井端 弘和61400.284235ゴールデングラブ賞
2013井端 弘和61000.236118
2014エルナンデス00860.271532
2015エルナンデス001380.2491158
2016堂上 直倫631310.254646
2017京田 陽太511410.264436新人王
2018京田 陽太511430.235444
2019京田 陽太11400.249340
2020京田 陽太11200.247529

京田陽太の守備

【UZRショート部門 1位争い】2019年 異次元の守備力 京田陽太

出身地 石川県能美市
生年月日 1994年4月20日
身長 184 cm
体重 83 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2016年 ドラフト2位
初出場 2017年3月31日
年俸 4,000万円

京田はルーキーイヤーの2017年からショートのレギュラーに定着しており、2019年も不動のショートとしてシーズンを完走。打撃面では打率.249・3本塁打・40打点と物足りなかったものの、アマチュア時代から定評のある守備でチームに大きく貢献し、140試合で9失策、UZRは圧巻の17.5で2位のDeNA・大和の4.4を大きく引き離しており、ゴールデングラブ賞の受賞が確実視されていた。

根尾昂の守備

大阪桐蔭【根尾昂】守備シーンを集めてみた!

国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県飛騨市
生年月日 2000年4月19日(18歳)
身長  177 cm
体重 80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手、外野手
プロ入り 2018年 ドラフト1位
年俸 1,500万円(2019年)

根尾は、名古屋市内で入団交渉に臨み、球団の高卒野手では最高額となる契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で仮契約しましhた。

投手、野手の二刀流で注目を浴びた根尾は、交渉の席で遊撃一本を直訴したそうです。

全てのプレーに関わり「勝つためには大事なところ。高1、2のときにはプロではショートと決めていました」と話しています

ショート争い?遊撃手争い!打撃の評価!

立浪和義氏が中日の来季監督に就任することが決まりました。最大の強化ポイントが打線ですね。

京田がレギュラー争いで一歩も二歩もリードしていることは間違いないです。

今季のチーム総得点はリーグ断トツ最下位の405。セリーグの5球団が500得点を軽く超えている中、深刻な貧打で白星を積み上げられなかった。

京田陽太は入団1年目のレギュラーをつかみ、安定感ある守備に定評があるが、課題は打撃だ。今季は113試合出場で打率.257、3本塁打、24打点。四球も21と上位を打つ打者としては少ない。出塁率.302は物足りない数字です。

立浪氏も京田にマンツーマン指導をしている。期待が大きいだけに辛口になります。

まだ監督就任前の10月上旬、CBCテレビの公式YouTubeチャンネル「燃えドラch」に出演し、中日OBの井端弘和氏と「来季ドラゴンズ構想」をテーマに対談した際、

「京田はもう打つほうはいいですよ。キャンプもバッティング練習はいいですよ、もう。守備だけやって」と苦笑いを浮かべ、「まぁでもやっぱりショートは守備が1番大事なんで、守備のそういう捕る、投げるだけじゃなくてね、そういった今、井端さんが言われたことを完璧なショートになってほしい。中心としてね、守りの」と期待を込めています。

根尾については下記が指摘されています。

「持っている素材は間違いなく素晴らしい。真面目な性格に加えて練習熱心なので結果を出してほしい選手ですが…。根尾のウイークポイントは速い直球を引っ張れないこと。打者がカウント有利の場面でも差し込まれてしまう。一流選手になるポイントは直球への対応力です。小園や阪神のルーキー・中野拓夢は直球を引っ張れる力があるので、打率が上がる。根尾も打撃フォームで色々修正しています。ちょっとしたきっかけで劇的に変わる可能性があるので期待したいですね」

立浪監督は?

「打てるようになってきたらどっかで使いたいよね。外野でももちろん、ショートでもセカンドでも。バッティングがしっかり形が出来てこないと、その選択肢が出てこないもんね。打てたらどっか使うと思う」

レギュラーでは「打撃力向上」にすべてがかかっている。

昔京田はコンバートを打診された

中日の与田監督が、根尾のために遊撃の定位置を空ける“根尾シフト”を構想しているそうです。

新人から2年連続で規定打席に達した正遊撃手の京田に「二塁にも挑戦してほしい」と事実上、コンバートを打診していたことが判明しています。

京田はプロとしてプライドか譲らないと宣言している。

「向こうは高卒ルーキー。僕は2年だけですが、プロでやった実績がある。後輩なので仲良くしたいが、簡単には譲れないし、負けたくない。(プランを)覆したい」

まとめ

歴代ナンバー1のショートといえば、坂本勇人や松井稼頭央などといわれてりますが、その二人を超える素材である根尾に京田はレギュラーを奪われず、開幕を迎えることができるでしょうか。

コメント

Twitter でフォロー

タイトルとURLをコピーしました