カテゴリー

【巨人】小谷正勝コーチと内海哲也の関係!神がジャイアンツ退団

投手から神として慕われてきた小谷正勝巡回投手コーチが退団を発表しました。。原因は体調面への不安だそうです。

2018年7月31日のDeNA戦で内海哲也が完封勝利をあげました!!!4年ぶりとあって感動的でした。スポーツ報知の報道では内海は小谷コーチへの思いを語っていました。昔から内海は「神」と信頼していましたね。小谷コーチといえばセリーグの関東球団すべてに在籍しネット上では有能と知られる名コーチですが知らない方も多いのではないでしょうか。

 36歳、熱投130球―。巨人は先発・内海が、2014年9月12日のDeNA戦(東京D)以来、4年ぶりの完封勝利で4勝目をマークした。2回2死満塁などのピンチをしのぎ、志願の続投で6安打のシャットアウ

小谷正勝コーチとは?

プロフィール

関東地区を拠点とするセ・リーグ3チーム(大洋→横浜、ヤクルト、巨人)すべてでコーチを務めた人物です。現役時代は大洋ホエールズ10年間に在籍していました。現在は二軍の投手コーチを務めています。

名前 小谷正勝(こたに ただかつ)
出身地 兵庫県明石市
生年月日 1945年4月8日(74歳)
身長 体重 178 cm88 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1967年 ドラフト1位
初出場 1968年5月25日
最終出場 1977年7月21日

選手歴
兵庫県立明石高等学校
國學院大學
大洋ホエールズ (1968 – 1977)

コーチ歴
横浜大洋ホエールズ (1979 – 1986)
ヤクルトスワローズ (1987 – 1989)
横浜大洋ホエールズ
横浜ベイスターズ (1990 – 1995)
ヤクルトスワローズ (1996 – 2002)
横浜ベイスターズ (2003 – 2004)
読売ジャイアンツ (2005 – 2011)
千葉ロッテマリーンズ (2013 – 2016)
読売ジャイアンツ (2017 – )

現役時代

太洋ホエールズには1968 – 1977の10年間在籍しています。285試合に登板し、24勝をあげています。

指導者時代

DeNA、ヤクルト、巨人、ロッテと関東の球団で40年近くコーチを経験しています。選手の戦力外もシビアですがコーチもすぐ職がなくなるほどシビアなのでこれだけ長年勤めているのは有能と言われているのも納得。大洋ホエールズをいったんやめた際は選手から嘆願書が出されたそうです。

横浜大洋ホエールズ (1979 – 1986)
ヤクルトスワローズ (1987 – 1989)
横浜大洋ホエールズ、横浜ベイスターズ (1990 – 1995)
ヤクルトスワローズ (1996 – 2002)
横浜ベイスターズ (2003 – 2004)
読売ジャイアンツ (2005 – 2011)
千葉ロッテマリーンズ (2013 – 2016)
読売ジャイアンツ (2017 – )

内海とのエピソード

内海哲也復活の理由は2017年オフの猛特訓にあった!

2017年はわずか2勝に終わった内海ですが、2018年這い上がった理由の1つとして小谷コーチの存在がありました。小谷二軍軍投手コーチの助言で内野ノックを毎日受け、ショートの守備位置から一塁送球でカーブを投げ続けたそうです。

 「ノックの送球で変化球を投げるのは、全身をバランス良く使わないとしっかり投げられない。小谷さんに教えてもらって初めてやった。すごく新鮮だった」

内海哲也”小谷コーチは神”

2005年入団2年目の内海は小谷のアドバイスでフォーム修正に取り組み、2006年には2桁勝利を挙げています。2017年6年ぶりに巨人に戻ってきた小谷に対して内海は「神」「魔法みたい」と述べています。

「小谷さんは“神”ですよ。あの人がいなければ今の自分はいませんから。戻ってこられると聞いて、喜びしかありません。早く投球を見てもらいたい」
(2017年1月25日 スポニチ 内海哲也)

 巨人に「神」が6年ぶりに戻ってきた。今季から巡回投手コーチに就任した小谷正勝コーチのことだ。13〜16年にロッテで2軍投手コーチを務め、私もロッテ担当時代にはとてもお世話になったが、1月中旬にジャイアンツ球場(川崎市)で再会することができた。

「僕の若いころからずっと見てくれてるから、どういう風に変わったとか、どういう風にしたらいいというのは、いろいろ聞いたりしてます」
(2018年2月19日 キャンプにて 内海哲也)

 今季復活を目指す左腕、内海哲也投手を広報部員が取材しました。今季にかける思いを「奮輝の春」と題して、お伝えします。 二軍宮崎春季キャンプ、第クールの最終日となった日、内海哲也投手がフリー打撃に登板していた。打撃ケージの裏には、二軍首脳のみならず、山口鉄也投手、森福允彦投手や他の野手陣などが、左腕の投球に熱視線を送って...

戻ってきた小谷コーチに対して「嬉しい」

「めちゃくちゃうれしい。この年齢でのフォームを見てほしい」
(2017年01月20日 東スポ 内海哲也)

 巨人は19日、春季キャンプの一、二、三軍メンバーの振り分けを発表した。開幕一軍の座をかけた戦いの始まりとなるが、もう一つの注目が新任の小谷正勝巡回投手コーチ(71)の動向だ。内海や宮国ら伸び悩む愛弟...

魔法使いとも

「アドバイスが的確で、魔法みたい
(2017年3月21日 日刊スポーツ 内海哲也)

巨人内海哲也投手(34)が21日、川崎市のジャイアンツ球場で、小谷正勝巡回投手コーチ(71)から10分を超える直接指導を受けた。投手練習後に内海から声をかけて… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

その他エピソード

育てた選手がすごい!

内海哲也のほかに三浦大輔、佐々木主浩、五十嵐亮太、石川雅規ら多数の選手を育て上げました

五十嵐亮太「今の自分があるのは小谷さんのおかげ」
三浦大輔「小谷さんの”己を知れ”という言葉に感銘を受けた」
オビスポ「感謝したいのは小谷コーチ」
川崎憲次郎「「小谷さんと一年目出会えたのは良かった。調子が落ちているとワンポイントアドバイスしてその通りに投げるとよくなっている。

理論派

その手腕は「小谷マジック」「小谷再生工場」とよばれていました。寡黙な性格のようですがしっかり選手を見ているようですね!!1人1人の性格と向き合い「この子が世に出るためにどうすればいいかを、とことん考える」と述べています。日刊スポーツでコラムを執筆していました。

山口鉄也の獲得を進言!

育成選手出身の星といえば山口鉄也ですが、入団テストを受けに来た山口の獲得をスカウトに進言したのが小谷コーチだそうです。

まとめ

内海が好きな理由として後輩への面倒見の良さ、家族を大事にしているところはもちろんお世話になった方への感謝の気持ちを忘れていないところですね。

巨人にはせっかくデータ解析班もいるので理論派のコーチも増えてほしいですね。健康問題もあるので後継者も育ててほしいなと思います。

本も出版されています。

シェアする