【巨人】坂本工宜が沖縄キャンプ2019へ!支配下登録?育成・紅白戦!準硬式!

育成出身の坂本工宜が沖縄キャンプへの切符を掴み注目が集まっています。

準硬式野球出身という珍しい経歴です。

坂本工とは?

関西において関西学院は同志社などと並ぶ難関私立大学として有名ですが、出身の野球選手はあまり聞きません。高校で目立っていなかったということはスポーツ推薦ではなさそうですね。地頭は良さそうです。

プロフィール

滋賀県出身ですが、このあたりは福井も近いですね。

出身地 滋賀県高島市
生年月日 1994年8月19日
身長 体重 180 cm 82 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴 関西学院高等部 関西学院大学 読売ジャイアンツ (2017 – )

21 Likes, 0 Comments - . (@sakigram006) on Instagram: “. フェニックスリーグ🧡 カッコよすぎませんか🙈🙈 この身体を回旋するとこ一番好きかも〜〜 写真撮ると毎回ブレちゃうけどね . 久々の登板お疲れ様でした😊 3回2安打1三振1四死球無失点…”

関西学院時代

高校・大学と関西学院出身。高校野球部で外野手でしたが、大学準硬式野球部で投手に転向した。高校時代は背番号ももらえず埋もれておりい、いい思い出はないと語っていました。投手になるために準硬式野球に転向し、関西選抜で台湾の遠征試合にいくほどの実力へ成長。

“ジュンコー”を知っているだろうか?硬式、軟式とある野球において“第3の野球”である準硬式野球のことだ。今夏は甲子園大会が第100回ということもあり、大きな盛り…

巨人ファンだった!

なんと!関西人なのに巨人ファンだったというではありませんか!!!!

2018秋キャンプで猛アピール

原辰徳「素晴らしいね」

この秋のキャンプは首脳陣に自分の実力をアピールする絶好の機会となっています。本人も「原監督にアピールしたい」と語っており、原監督も「素晴らしい」と返答。

 先発した育成・坂本工宜投手(24)が快投した。3回を打者9人40球で無安打無失点。準硬式野球出身の異色の右腕が原監督に猛アピールした。 2回2死、宇佐見を内角直球で追い込み、最後はブレーキのきいた低めの123キロチェン【巨人】

育成の坂本工が休日返上トレ

宮崎秋季キャンプの休養日も自主トレをこなしていました。その理由として、以下のように語っています。

「自分は1日1日が大切なので」
「絶好のアピールの機会。その場で自分の持ち味を出して、こんなやついたのか、と目に止まるようにアピールがしたいです」

 巨人の育成右腕・坂本工宜(こうき)投手(24)が5日、休日返上トレーニングを行った。この日、宮崎秋季キャンプは休養日。「自分は1日1日が大切なので」と、ネットスローなど約1時間ほど汗を流した。 関学大準硬式大野球部出身【巨人】

宮崎キャンプ2019で猛アピール

キャンプ中も休日返上で自主練習を行い、「自分の形を維持しておきたかった」とネットスローなどで汗を流していました。

紅白戦でついにチャンス

紅白戦の紅組2番手で登板し4回1死一塁で岡本を直球で押し切り一飛。続くゲレーロも直球で二飛に打ち取った。3回を投げ2安打1失点という結果に。

「強い球、攻める投球が自分の売り。結果が全て、結果を出し続けたい」
「もう1人の坂本じゃなくて、坂本工宜を覚えてもらえるように頑張ります」

「坂本2人」問題?

もし坂本工宣が支配下登録されると坂本が2人になってしまいます。それはちょっと寂しいですね。

まとめ

沖縄キャンプでさらなる活躍を願っています。支配下登録を掴んで欲しいですね!!

関学・同志社バッテリーの実現はなるか?

シェアする