カテゴリー

【巨人】小林誠司の成績は?打率を上げれば日本一の捕手!

こんにちは、ヨシラバーです。

 2019年のシーズンに向けて、巨人の小林誠司が掲げたテーマは打撃です。

プロ2年目の2015年の70試合から16年は129試合、そして17年は138試合と増やしてきた出場試合数が、’18年シーズンでは119試合へと減少。しかも先発マスクは95試合まで激減しています。

それも度々指摘されるバッティングですね。

小林誠司は、「とにかく打たないと後がないと思う」とはなしています。

ソフトバンクの甲斐は打たなくてもそれほど、叩かれないですが、小林誠司は度々バッティングが指摘されますね。

小林誠司のプロフィールは?

原監督もラジオで「いずれ小林誠司が炭谷を抜く」と発言。

出身地 大阪府堺市南区
生年月日 1989年6月7日
身長体重 178 cm 83 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2013年 ドラフト1位
初出場 2014年3月28日
年俸 6,000万円(2019年)
経歴 広陵高等学校→同志社大学→日本生命→読売ジャイアンツ (2014 – )

小林誠司の巨人での活躍は?

2014年

阿部慎之助の後継者として期待され、開幕戦で阿部に代わって途中出場します。

 4月6日の中日ドラゴンズ戦で8番・捕手で初先発出場を果たした。

 この年は阿部がケガの影響で一塁手として出場する機会が増えたため、小林のスタメンでの起用も多く与えられた。

 最終的に63試合に出場し、打率.255、2本塁打、14打点を記録。守備では盗塁阻止率.417と強肩も見せ、リーグ3連覇に貢献ています。

このころの小林はバッティングはよかったですね。

2015年

シーズンは、菅野智之とのバッテリーで、初の開幕戦先発出場を果たしました。(2016年開幕戦も菅野とのバッテリーで先発出場)。

 この年は阿部の故障や一塁手転向で前年同様スタメン出場の機会が増え、70試合に出場したが打撃面では前年同様2本塁打を記録するも打率は下がったが、守備面では盗塁阻止率.438と前年を上回っています。

2016年

阿部の故障による出遅れもあり開幕からスタメンマスクとなりました。

 6月の楽天戦で死球を受け左肩を骨折し、一時離脱があったものの最終的に自己最多の129試合に出場して12球団の捕手で唯一規定打席に到達し、また守備面では盗塁阻止率.356と4割を下回ったがセ・リーグトップの盗塁阻止率をマークするなど正捕手に定着した。

打撃は規定打席最下位の打率.204と課題を残したが、398打数81安打の打率.204は21世紀に入ってからは最低打率であり、仮にあと2安打少なければ打率.198の1割台で、1982年の山倉和博が記録した規定打席到達中最下位の打率.196にせまる34年ぶりの記録となるところでした。

2017年

138試合の出場でかろうじて最終戦で規定打席には到達したが、2年連続規定打席最下位の.206に終りました。

 一方守備面では盗塁阻止率.380は2年連続でリーグ1位を記録しています。

2018年

2018年はシーズン序盤から打撃が絶好調で、4月24日の試合終了時点で打率.375となり、4月28日までは首位打者でした。

 しかし5月以降の打率は.169となり、出場試合数は過去2年間を下回り、3年ぶりに規定打席に達しませんでした。

 守備面では、盗塁阻止率.340で3年連続でリーグトップとなり、セ・リーグでは古田敦也(5年連続)、森昌彦(3年連続)に続き史上2位タイの記録となった[34]

小林誠司の打撃成績は?





O
P
S
2014巨人63121282411430.255.305.678
201570204402521350.226.312.606
201612945881410735191.204.276.545
20171384437829727193.206.285.542
20181193135827326161.219.275.575
NPB:5年519153928512370115625.215.279.569

まとめ

守備は原辰徳も世界一と認めています。歴史に名を残す選手になるためバッティングもよくなってほしいです。

シェアする