カテゴリー

【巨人】小林誠司が勝てる捕手になった理由は?データでは物がたれない!

昨年までの小林には物足りなさを感じてしまうところがありました。もちろん、数値上ではい、肩、捕るは、12球団トップクラスの捕手でした。

配球、リードが偏る傾向があるし、菅野専属捕手ともいわれ、投手を信用し過ぎる傾向もありました。

そんな中、炭谷がFAで巨人にきました。捕手争いでは、厳しい戦いを強いられましたね。

 今年は与えられたものではなく正捕手を勝ちとったものです。勝てる捕手になっています。

小林誠司のプロフィールは?

出身地 大阪府堺市南区
生年月日 1989年6月7日(30歳)
身長体重 178 cm 85 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2013年 ドラフト1位
初出場 2014年3月28日
年俸 6,000万円(2019年)
経歴 広陵高等学校→同志社大学→日本生命→読売ジャイアンツ (2014 – )

勝てる捕手とは?

勝てる捕手とは?

  打たなくても、力の劣る投手をいち早くリズムに乗せ引っ張れ、小林のサイン通りに構えたとこに投げたら大丈夫だと信頼される捕手になれば、自然と投手もコントロールに集中出来るようになることだと思います。

勝てる捕手を谷繁は?

谷繁捕手に言わせる、9回までのストーリーをイメージして、脚本を書く創造力、観察力が必要だそうです。

勿論、試合途中で脚本変更も決断しなければなりません。

昨年までの、小林はマイペースの返球、テンポ、間合いだったのが残念だったりしました。

小林炎上は、高橋由伸政権で散々見てきただけに、成長を感じられます。

今年の小林誠司は勝てる捕手なってきている

原辰徳監督に厳しく育てられている小林誠司捕手ですが、最近は勝てる捕手になったといわれています。

「このところ、いいリードというか、チーム全体の『勝つ』という、そこに対しての舵取りというか。ただ単にいいリードするというのがキャッチャーではない。勝つチームをつくるというのがキャッチャーの一番の役割ですから。そういう意味で一歩ずつ、何か違った形で小林という野球人が少しずつ大きくなっていっている感じがする」

これはチームが打たなくても、力の劣る投手をいち早くリズムに乗せ引っ張れ、小林のサイン通りに構えたとこに投げたら大丈夫だと信頼される捕手になりつつあると考えています。

約3ヶ月白星のなかった先発・高橋優貴を6回4安打1失点に抑える好リードをしたさいでのコメントでした。

サインを出す事でいっぱいでグローブや体を使って上手くかくす事ができています。

基本や一つ一つのプレー、一秒の大切さを改めて知る事ができました。そんな当たり前の
事と思っていても、少しずつ違ったりします。

小林誠司捕手はリードだけではなく、試合をコントロールすることができていると思います。

まとめ

これからも若手投手を育ててください。打率も大きく成長していますね。

シェアする