巨人・小林誠司はなぜドラフト1位したか?外れであるが原辰徳が指名

こんにちは、ヨシラバーです。

社会人ナンバーワン捕手として2013年のドラフト会議で注目を集め、読売ジャイアンツからドラフト1位指名しました。

小林誠司のプロフィール

人気面もジャイアンツでは上位であり、知名度も抜群であり、日本を代表するキャッチャーです。

出身地 大阪府堺市南区
生年月日 1989年6月7日(29歳)
身長 178 cm
体重83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2013年 ドラフト1位
初出場 2014年3月28日

小林誠司は大学時代はバッティング難で指名されず

小林誠司は、大学時代からキャッチング、インサイドワーク、肩は評価が高かったものの、バッティングに難がありました。

上位指名は間違いなしとみられていたものの、本人が希望する1位はなく、ドラフトが見送られ、日本生命へとなったと記憶しております。

「1位指名以外なら日本生命に行きます」と宣言して話題を呼んでいましたね。

社会人ではドラフト一位の発言はなかった

「1位でなければ」的な発言はなかったような感じですので、そういう意味では、大人になったのでしょうか。
JR東日本の吉田、東京ガスの石川、九州共立大の大瀬良ら即戦力投手ら、即戦力の選手がいたのも関係したかもしれません。

巨人は東京ガスの石川を一位指名

巨人は、石川投手を単独で取れると思っていたと思います。
獲得したロッテの指名傾向をみると、ドラ一は隠密で、当日になって、驚かされることが多いです。

ただ、2球団抽選の結果、ロッテが獲得になりました。

巨人は外れ一位で小林を指名

他球団との競合は避けられない状況に加え、巨人にとって捕手の補強は長年の課題でした。

原辰徳も「阿部の後継者?そこが補強ポイントであるのは間違いないですから」と小林を念頭に指名の可能性が高いことを示唆していました。

まとめ

阿部慎之助と比較され、可哀想な面もある小林誠司です。

ただ、名実ともに巨人のドラフト1位にふさわしくなってきましたね。

シェアする