カテゴリー

【阪神】木浪聖也の成績は開幕一軍へ!サードのポジションか!

こんにちは、ヨシラバーです。

阪神タイガースはセンターラインであり、サードであり守備が補強ポイントでありましたが、ドラフト三位である木浪が猛アピールしています。

完全にレギュラーといえる人物はおらず、開幕から一軍にすわるのではないかと言われています。

木浪 聖也(きなみ せいや)プロフィール

生年月日:1994615
出身:青森県青森市
身長:178cm
体重:78kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:内野手
経歴:青森市立篠田小学校青森山田中学校青森山田高校亜細亜大学→Honda

青森市立篠田小学校1年時に、軟式野球チームに入団し野球を始め、青森山田中学校時代は同校の硬式野球部に所属しました。

青森山田高等学校では1年からベンチ入りし、主に二塁手と三塁手を務めましたが、甲子園出場はなしでした。

守備位置はどこだった?

高校時代は三塁。亜大では2年秋のみ一塁で、その他は遊撃、二塁を守った。ホンダでは1年目は三塁兼二塁、2年目から遊撃。一塁は今キャンプで20日に初めてノックを受けたため、中谷のミットを借りた。急いで発注して届いたが「使えるように軟らかくしないと」。

練習試合やオープン戦での活躍は?

実戦全8試合で安打を放ち、打率4割7分6厘(21打数10安打)で、開幕1軍へさらに前進しています。

サードを守っていることもあり、糸原や北條、大山も危機感を感じているのではないでしょうか。

矢野監督もうなるしかなかった。

矢野監督の評価は著しく高いですね。

 「落とす理由はないやろ。もっと見たいでしょ。ファンの人も見たいやろうし、俺も見たいし。2軍へ行くより、今の力であれば1軍でやっていってシーズンに生かしてほしい」

「本当に想像以上に対応力があるし、右でも左でもそんなに崩れた打席が少なかった。面白い存在になっていくよね」

 清水ヘッドコーチは三塁としての起用についても「あるかもね。(大山)悠輔も結果が出なくて焦っているだろう」と話しています。

大山が打たなければ3塁のレギュラーに

大山は昨シーズンは9月から成績を残しています。それまでは2軍に落ちたりと不安定な成績を残していました。

木浪は、実戦では二遊間だけでなく、一、三塁も守っています。

 4番候補の大山が結果を残せなければ、三塁起用も浮上する。清水ヘッドコーチは「(木浪は)一線級を打っている。悠輔に4番を打ってほしいとは思ってる。ただ、機能しないようなら(監督と)相談しながら」と話しています。

まとめ

開幕まで一ヶ月をきっています。内野は誰がまもるのかきになるところでありますね。

シェアする