菊池涼介の年俸の推移?FA?巨人移籍?メジャー評価?守備率?守備位置?記録?エラーしない?

菊池涼介
この記事は約6分で読めます。

菊池 涼介(きくち りょうすけ、1990年3月11日- )は、東京都東大和市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回の記事では菊池涼介の年俸の推移?FA?巨人移籍?メジャー評価?守備率?守備位置?記録?エラーしない?についてお伝えします。

菊池涼介はFAで巨人にいくとか、メジャー移籍など色々騒がれました。年俸もカープでは最も高いです。それでも巨人移籍しなかった理由やメジャーでの評価をお伝えします。

出身地 東京都東大和市
生年月日 1990年3月11日
身長 171 cm
体重 72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手、遊撃手
プロ入り 2011年 ドラフト2位
初出場 2012年6月30日

大学時代は遊撃手であり、12球団のスカウトからは「守りでプロの飯が食える」といわれていました。 広島入団後は当時の正二塁手であった東出輝裕の故障離脱をきっかけに二塁手にコンバートされた。

 宮本慎也からは「彼の守備範囲の広さはすごい。」と称賛されていました。野村謙二郎は「人が追いつけない打球に追いつき、エラーにされてしまう」と話していますといわれていたのです。

ヨシラバー
ヨシラバー

彼の守備範囲の広さはすごいが追いつけない打球をエラーにしてしまうのは巨人の吉川尚と一緒ですね。すごいプレーなのは間違いないのです。本来の選手であえば、後ろにそらしてしまうところを追いついてしまい、エラーとなってしまうのです。。

地肩が強く、大学生時で遠投117メートルでした。

菊池涼介の年俸・年収の推移?2022

年俸(推定)チーム背番号
2022年3億円広島東洋カープ33
2021年3億円広島東洋カープ33
2020年3億円広島東洋カープ33
2019年2億4000万円広島東洋カープ33
2018年1億9000万円広島東洋カープ33
2017年1億4500万円広島東洋カープ33
2016年8500万円広島東洋カープ33
2015年8500万円広島東洋カープ33
2014年3900万円広島東洋カープ33
2013年1500万円広島東洋カープ33
2012年1000万円広島東洋カープ33

ここで元満塁男菊池涼介 #carp

菊池涼介のメジャー評価は忍者だった?守備率?守備位置?記録?エラーしない?

大学時代はショートでしたが、7月に東出輝裕が怪我で戦線を離脱すると、以降は二塁手として出場し東出の穴を埋める活躍を見せるようになりました。

2016年、2017年、2018年に、規定の守備イニングに到達した二塁手の中で両リーグベストのUZR(2016年:17.3、2017年:3.2、2018年:9.8)を記録している。

2013年から2021年にかけて、二塁手として史上最多となる9年連続でゴールデングラブ賞を受賞している。受賞9度も二塁手記録である

また、2020年10月15日の対読売ジャイアンツ21回戦(東京ドーム)で二塁手のシーズン連続守備機会無失策をセ・リーグ新記録の434に更新した。またこの年、二塁手としては史上初となるシーズン守備率10割を達成し、連続守備機会無失策も503まで伸ばしています。

2021年4月2日のDeNA戦で失策を記録し、二塁手としての連続守備機会無失策記録が569で止まってしまいました。

菊池涼介のメジャー評価では忍者でなく魔法使い

2014年の日米野球では、第1戦でベン・ゾブリストが打ったヒット性の当たりを好捕したことから、MLB公式サイトのトップページで「離れ業を見せた。すばらしい、すごい守備だ」と紹介されもしました。

 第3戦では、2度にわたるファインプレーで、日本代表投手陣の継投によるノーヒットノーランをアシスト。

 第6戦では、ホセ・アルトゥーベが打ったショートバウンドの打球が高く跳ねたところで捕球すると、斜め後ろ方向へのグラブトスでアウトを奪った。

 このプレーについて、MLB(メジャー)公式サイトでは、「全てのグラブトスの理想像を披露」という表現で再び賛辞を掲載しています。

 2013年から2017年まで5年連続でゴールデングラブ賞を獲得中の守備力は、侍ジャパンなどで活躍はもう有名なところであり、メジャーでも有名でしょうね。インターネットを通じて全世界で放映する「MLB.TV」の実況は「God Hand! in Second(日本の二塁には神の手がいる!)」と絶叫しました。

海外から「魔法使い」と称された。

菊池涼介のメジャーにいかなかった?

日本では小柄な体でありながら、パンチ力のある打撃でありました。メジャーでのセカンドでは活躍は厳しいのかもしれません。ショートやセカンドを守る選手は小柄ではありません。体が大きいです。おそらく体力の面もあったのでしょう。体の大きさで青木選手もマイナー契約になりましたし、日本人としては評価は低かったかもしれませんね。

結果としてMLBの複数球団と交渉を行なったものの話がまとまらず、12月27日に広島に残留することを表明し、推定年俸3億円プラス出来高の4年契約を結んだ

菊池涼介のFAで巨人移籍はどうなったの?

菊池涼介のFAで巨人移籍はどうなったの?

巨人といえばセカンドが長年の課題であり、仁志敏久がレギュラーを獲得してからは、実sだっていません。ただ、去年は若手である吉川尚樹が大ブレイクを果たしました。

吉川は菊池の後輩であり、中京学院大学の後輩となります。

中京学院大・近藤監督による菊池と吉川の大学4年時の比較は「両者でタイプが違うので、甲乙つけがたい」と前置きし、吉川の方がちょっと上かも?」との見解を示した。理由は「肉体的な強さは菊池が上だが、打撃の確実性や守備などのプレーそのものは吉川が勝っています」とのことです。

吉川尚は、「守備範囲とスピードは一級品。菊池クラスの選手になれる」ただ、「今の菊池との決定的な違いは、球際の強さである。年をとってから守備範囲は落ちても、クラブさばきは衰えない」とはなしています。

ただ、菊池を超えることができる素材といわれています。

ただ、吉川尚がいるから巨人は菊池涼介をとらなかったともいえますが、菊池涼介は中学時代までしか東京にいません。巨人ファンだったのは事実だったかもしれませんが、野球で他の件にいっていますのでそこまで東京に戻りたいとの意識はすくなかったのではないのかと感じます。

関連記事:菊池涼介のドラフトの評価?実家!中学・高校時代?東大和市

まとめ:菊池涼介の年俸の推移?FA?巨人移籍?メジャー評価?守備率?守備位置?記録?エラーしない?

いかがでしたでしょうか。

菊池涼介の年俸の推移?FA?巨人移籍?メジャー評価?守備率?守備位置?記録?エラーしない?

についてお伝えします。

巨人は吉川がいるが獲得に乗り出すことはなかったですが、本人もカープで年俸をもらっているし移籍する必要もなかったと思います。

メジャーに関しては最初から移籍するつもりはなかったかもしれませんね。でも、自分の野球センスとしての限界をためしてみたい。せめて守備でもとはおもっていたかもしれませんね。でもそのチャレンジ精神は素晴らしいことだと思います。

タナキクマルで今でもカープで活躍しているのをみるとカープにのこって本当によかったのでしょう。と私は思います。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました