【西武】松井稼頭央の通算成績は?引退かも2018?

こんにちは、ヨシラバーです。

2018年西武ライオンズの優勝は目前です。そんななか、レジェンドである松井稼頭央が2軍へ降格となりました。→引退を発表しました。

引退会見の様子です。

松井 稼頭央のプロフィール

出身地 大阪府東大阪市
生年月日 1975年10月23日(42歳)
身長  177 cm
体重85 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 遊撃手、二塁手、外野手、三塁手[1]
プロ入り 1993年 ドラフト3位
初出場 NPB / 1995年4月5日
MLB / 2004年4月6日

背番号7松井 稼頭央が西武ライオンズへ復帰!

2017年11月16日、古巣・西武へ15年ぶりに復帰することが発表されました。

また、新たに設けられるテクニカルコーチを兼任することもあわせて発表された。背番号は引き続き「7」です。

楽天のコーチとしての打診はありました。

ただ、「現役は一度しかない」と選手にこだわって新たな所属先を探し続けました。

「11球団から声がかからなかったから引退の覚悟もあった」といいます。「年齢関係なく元気な姿でグラウンドに立ちたい」と決意を語っていました。

球団内の肩書としてはテクニカルコーチを継続して務めています。

松井 稼頭央の通算成績は?

日本での通算成績は1883試合に出場し、打率.2912084安打、201本塁打、835打点、362盗塁

98年にはパ・リーグ最優秀選手(MVP)に選ばれ、盗塁王を3度、最多安打を2度獲得しています。

メジャー通算成績は630試合で打率.267615安打、32本塁打、211打点、102盗塁

松井 稼頭央の2018年の成績・活躍は?

松井稼頭央の日

西武は26日、4月7日(土)のオリックス戦を『松井稼頭央の日』と題し、復帰記念グッズを販売しました。

15年ぶりに古巣・西武に復帰し、慣れ親しんだ背番号「7」を背負うことになった松井稼頭央。「ライオンズクラシック2018ユニフォーム」は人気No.1で、予約受付中の「プレイヤーズプリントフェイスタオル」325日時点で2位に大差をつける1番人気と、帰ってきた“レジェンド”に対するファンの盛り上がりは留まるところを知らない。

2軍降格

9月15日に一軍から登録抹消となった

23試合に出場して打率1割2分9厘と山賊打線といわれるなかで、寂しい成績となっている。

松井 稼頭央は2018年に引退してしまうのか?

2軍に降格し、松井稼頭央は「また1軍に戻れるように、この期間を有効に使いたい」とはなしています。

ただ、選手の層をみるとこの時期で、怪我でもない降格は本人にとってもかんがえるものはあるのではないでしょうか。

西武のレジェンド背番号7はこのままやめてしまう可能性もあります。

まとめ

プロ野球選手で内野手を守る坂本勇人や山田哲人は松井稼頭央に対し、あこがれていたと話しています。

レジェンドすぎるショートだった松井稼頭央をみれるのもあとすこしかもしれません。