【大阪桐蔭】柿木蓮のドラフトや読み方は?球速も!背番号1

こんにちは、ヨシラバーです。

今年の大阪桐蔭は史上最強といわれており、二刀流である根尾が一番騒がれていたりしますが、エースは柿木蓮なのです。

今大会最速の151キロを記録しています。

柿木蓮のプロフィールは?

2000年(平12)

6月25日生まれ

佐賀・多久市出身

184センチ、83キロ。

右投げ右打ち

柿木蓮の少年時代は?

小学2年生から「多久北部少年野球部」で野球を始めた柿木投手。
中学時代は「佐賀東松ボーイズ」でプレーし、最速142km/h右腕として注目されていました。

また、2年生の時は9者連続三振、3年には1試合17奪三振を記録したことがあるほど、奪三振能力が優れていました。

柿木蓮の甲子園での活躍は?

 甲子園は3回戦で仙台育英にサヨナラ負けしたが、今春のセンバツはエースとして優勝に貢献しました。

最速151キロ。変化球もスライダーカーブフォークとあり、コンビネーションで抑えるピッチングもできます

柿木蓮のプロドラフトスカウトの評価は?

中日・中田スカウトディレクター

「ケガが多いようだが、甲子園では春も良かった。完成度が高い。あとは、いい時の投球をコンスタントに出せるかどうか」

ソフトバンク・永井スカウト室長
「2人(大阪桐蔭・根尾と藤原)と比べたらかわいそうだけど、彼ももちろん、いい評価です」)

楽天・長島スカウト部長
「柿木のフォークボールは、高校生では簡単には打てない」

ヤクルト・阿部スカウト
「柿木は6月から調子が上がっているので、今日くらいの投球は何度も見ている」

阪神・畑山チーフスカウト
「プロ向き」

中日・中田アマスカウトディレクター
「見違えるくらい良くなった。球の切れ、質ともにいい。上位候補に食い込んでくる可能性がある」

ソフトバンク・永井編成育成部長兼スカウト室長
「下半身が太いし、鍛えられている。非常にいい素材」阪神・畑山チーフスカウト
「昨秋よりもよくなっている」

巨人・岡崎スカウト部長
「柿木が良くなっていた。力強かった」

オリックス・長村球団本部長
「フィニッシュが強くて球が指にかかっていた。球のキレ、角度がある」

阪神・畑山チーフアマスカウト
「夏の甲子園を経て、勝つ投球術は身についてきた」

巨人・武田スカウト部主任
「馬力があるし、楽しみな存在ですね」

ヤクルト・阿部スカウト
「ベース板の球が強い」

日本ハム・加藤スカウト
「来年はドラフト候補でしょう」

柿木蓮が100会大会の最速151キロをマーク

151キロをマークして下記のようにコメントを残しています。

「ベンチを出るときに、皆から『行け、行け(150キロ)出してこい』と言われて、意識しないようにしたけど、意識した。観客が沸いてうれしかった」。

まとめ

大阪桐蔭の史上最強といわれていますが、本当にそうかもしれませんね。

藤波率いるチーム、平田辻内中田長がいるチームも強かったですよね。