【オリックス】金子千尋が日本ハムと契約合意!退団・自由契約!

2度目のFA権を取得したオリックス金子千尋がメジャーへの挑戦するかもしれません。

西が流出する可能性もあるなかで金子までFAでメジャーに移籍したら、オリックスにとっては大きな痛手でしたねえ。

日ハムと契約合意した模様。

 日本ハムは4日、元オリックスの金子と来季の契約合意に達したことを発表した。2日に自由契約選手として公示されたばかりの通算120勝右腕の獲得に成功した。

金子 千尋のプロフィールは?

出身地 新潟県三条市
生年月日 1983年11月8日(35歳)
身長 180 cm
体重 77 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 自由獲得枠
初出場 2006年4月12日

金子 千尋のプロ野球での成績は!最多勝や最優秀防御率も獲得

最多勝や最優秀防御率も獲得し、116勝71敗とオリックスのレギュラーとして大活躍です。

W

H

I

P

2006111013.541.36
2007762122.791.13
200825109003.981.33
200921118402.571.07
201029178013.301.12
201120104002.431.06
2012943002.401.26
201329158002.011.00
201426165001.981.04
20151576013.191.11
20162379003.831.25
201727128003.471.17
NPB:12年23211671552.911.13

2014年にはポスティングでメジャーを目指すも怪我で断念!

2014年は、シーズン中に国内FA権の取得要件を満たしたことから、国内FA権を行使したうえでオリックスへ残留した後に、MLB球団への移籍に向けて球団にポスティングシステムの行使を容認する可能性が一時は報じられました。

しかし、手術を受けた[19]ことから、MLB球団への移籍をひとまず断念し、12月24日には、4年契約・推定年俸総額20億円に出来高分を加えた条件で残留することを表明しました。

オリックスとは2014年に4年契約を結び2018年は最終契約

金子は2014年オフに4年20億円(推定)もの大型契約を結び、最終年の今季は故障もあって17試合で4勝7敗となってしまいました。

故障者特例措置で2度目のFA権を取得し、かねて希望していたメジャー挑戦を再考しているようです。

メジャーで獲得球団はでてくるのか?牧田ですらリストラ

4年前の金子ならMLBで欲しい球団沢山あったと思う。が、今の金子なら皆無だろう。あったとしてもマイナー契約のオファーのみ。平野よりも期待値の高かった牧田でさえクビです。

金子の年俸が高すぎてオリックス退団へ!巨人か阪神?

球団から4億円のダウン提示を受けていることが16日、分かった。年俸1億円で、今季の5億円から、野球協約で定められた減額制限(1億円超の選手は40%)を大幅に超える80%減。プロ野球史上最大減額は、15年オフの巨人・杉内の4億5000万円で、金子が受け入れた場合はこれに次ぐ大減俸となる。

巨人や阪神やソフトバンク、日本ハム狙いそうですね。

まとめ

若いころの金子であれば活躍できたかもしれませんが、少し遅いような気がしますがさすがちーちゃん!日ハムの人気がさらにあっぷしそうですねえ。