亀井善行の若い頃から性格!2009WBCなぜ?イチローとの関係

亀井善行の若い頃から性格!2009WBCなぜ?イチローとの関係亀井善行
亀井善行の若い頃から性格!2009WBCなぜ?イチローとの関係
この記事は約4分で読めます。

亀井 善行(かめい よしゆき、本名:亀井 義行(読み同じ)、1982年7月28日 – )は、奈良県生駒郡斑鳩町出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)、プロ野球コーチ。

ヨシラバー
ヨシラバー

今回は亀井善行のファン向け亀井は優しい頃から優しかった。原監督との関係についておつたえします。隙あられば亀井と愛人枠でした。

出身地 奈良県大和郡山市
生年月日 1982年7月28日
身長
体重 178 cm
82 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手、内野手
プロ入り 2004年 ドラフト4巡目
初出場 2005年7月9日
年俸 5,000万円(2017年)

亀井善行の性格は若い頃の人柄!後輩思い

初安打に大喜び

2018年6月22日に和田恋は一軍に昇格。その日初ヒットを放ちます。その時のベンチの亀井さんが可愛すぎると話題になりました。

亀井善行の性格は後輩思い

奈良と大学の絆

2018年5月31日鍬原拓也初登板の日に彼は失点させてしまいます。落ち込む鍬原ですが、亀井は拍手で迎えいれます。中央大学&奈良県の後輩を励ます姿は全ファンが泣きました。

亀井善行の性格!人柄はファンサービス

亀井善行はとにかくファンサービスが良いと評判ですね。関西人の血が騒ぐのでしょうか。

亀井善行は愛人は原監督!隙あらば亀井!2009WBCなぜ!イチロー

読売ジャイアンツ監督・原辰徳が二期目以降、事あるごとに亀井善行(義行)を重用していた様を表す言葉。「隙亀」と略される。
「隙あらば○○」の原型となった。

2009WBCなぜ

「正直、いまだから言えますけど選ばれたくなかった」「実績もないですし、実績のない自分が行くのは辛かったですし、他にも実績のある人が落選しているのを見て辛い思いをしました」

とはなす2009年のWBCの亀井義之の選出です。

原監督は

「一番最初に決めたのが、片岡(易之内野手、当時西武)と川崎(宗則内野手、当時ソフトバンク)と亀井の3人だった」

日本代表というチームは、12球団の選りすぐりのエリートたちの集団で、しかもメジャーリーガーも参加するWBCの場合は、そこにイチローのような選手も加わったドリームチームでした。

ただ、大会開催の時期の問題がありました。

なぜ最初なのか

原監督「特に大変なのはイチローの控えなんだ」

基本的にイチローは交代させる場面がない。

多分、約1カ月の間、試合にもほとんど出られないし、練習時間の制約も大きいです。

 そういう役回りになるのは分かっていて、他のチームのレギュラー選手も嫌がったし、それをムリやり呼ぶことはできないのも分かっていたようです。

「亀井は守れるから。おそらくバッティングでイチローに代打を送ることはない。休ませるとしたら最後の守備。ならばきっちり守れる亀井が最善の選択だと思っている」

原辰徳の愛人枠亀井

2011年~2013年も打撃は低調なまま推移しているにも関わらず、内野手(それまでの一塁に加え二・三塁)への挑戦、外野の守備固め、代走、二死無走者からの代打など、ありとあらゆる場面で原に起用され続けた。

結果、さらなるヘイトを溜め「原が亀井を出場させる状況をわざわざ構築している」という疑念を抱いた巨人ファンの間で、この言葉が生まれた。

その後も2018年に一人完全試合達成時をやらかしたりもしたが、現役最終年となった2021年は低調な成績にも関わらず外野手でのスタメンまたは重要な場面での代打として重宝され、日本ハムから移籍してきて全く結果を残せなかった中田翔らと共に風当たりが強くなり再びこの言葉が用いられました

まとめ

今でも2019年の日本シリーズでのホームランは忘れられません。ソフトバンクホークスに負ける中、一人ホームランをうっていましたよね。コーチでもがんばってください。

コメント

野球ブログ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました