浅村栄斗はなぜ楽天へ?金子千尋も狙う石井一久が有能だった!

こんにちは、ヨシラバーです。

石井一久GMですが、いきなりですが大きな仕事をやり遂げましたね。

ソフトバンクに入団が確実されていな中で、楽天へ浅村を入団させました。

石井一久のプロフィールは?

出身地 千葉県千葉市若葉区
生年月日 1973年9月9日(44歳)
身長185 cm
体重 100 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1991年 ドラフト1位
初出場 NPB / 1992年6月9日 
MLB / 2002年4月6日

経歴

東京学館浦安高等学校
ヤクルトスワローズ (1992 – 2001)
ロサンゼルス・ドジャース (2002 – 2004)
ニューヨーク・メッツ (2005)
東京ヤクルトスワローズ (2006 – 2007)
埼玉西武ライオンズ (2008 – 2013)

通算成績・タイトルは?

日米通算成績は524試合で182勝137敗1セーブ、防御率3.80。

主なタイトルは95年最高勝率、98、00年最多奪三振、00年最優秀防御率

 また、吉本興業の「契約社員」という異色の肩書も持ち、選手をサポートするスポーツマネジメントにも携わってきています。あくまで同社の高卒採用枠での入社で、給料も「一般の高卒社員と同じ」だそうです。

明るい人柄は現役時代から後輩に慕われ、楽天・岸、ロッテ・涌井、西武・菊池らは石井氏の影響を強く受けているそうです。

評論家としては日米通算22年間の現役生活で培った経験を生かした独特の視点と野球理論は高い評価を得ている。

こんにちはヨシラバーです。 楽天が、野球評論家の石井一久氏へ、球団のGM(ゼネラルマネジャー)就任を要請していることを認めています。 こ...

石井一久が浅村を口説き落とす

石井一久はは、「来てくれることで若い選手たちは背中を見られる。来てくれるだけで意味がある」と声を掛けられた。浅村は、「その言葉は自分の中で刺さった」と決断を後押ししたと明かしています。

こんにちはヨシラバーです。 楽天が、野球評論家の石井一久氏へ、球団のGM(ゼネラルマネジャー)就任を要請していることを認めています。 こ...

なぜ浅村はソフトバンクでなく楽天イーグルスを選んだのか?

楽天には、4年総額20億円程度を提示されたが、先に交渉し4年25億円以上を提示したとみられるソフトバンクより大幅に低かったという。

 楽天との交渉では、西武で5年間同僚だった石井一久GM(45)と顔を合わせたが、キーマンは昨年まで同僚で今年から楽天に復帰した渡辺直人内野手(38)だったそうです。

かつて浅村は「いつも的確に指示をくれるし、直人さんについていったら間違いないと思うぐらい、兄貴的な存在」と語ったことがある。「ちょっと僕に厳しい」とプレーや練習態度について苦言を呈されることも多かったようだが、渡辺が「どう考えてもチームを背負って立つ選手だから頑張ってほしい」とあえて愛のムチを振るったことが、信頼関係構築につながった。

なぜ楽天なのか?西武からFA宣言していた浅村栄斗内野手(28)が20日、楽天に入団の意向を伝えたことが明らかになった。楽天とは18日に初交渉し、背番号「3」と4…

金子千尋の獲得も狙う楽天石井一久

14年に沢村賞に輝くなど、これまで7度2ケタ勝利を挙げた実績を持つ。石井GMは右腕の実力を認めながら「先発の席がしっかりひとつ埋まるということはチームとしていいとは思う。チームにどう貢献していけるピッチャーなのか、どういうプラスがあるのかを至急調べたい」と話した。

平石監督とはトヨタ自動車でチームメートだった縁もある。石井GMは「もし必要とするなら魅力あるチームと伝えられればいいし、ご縁がないかも知れない」と説明。

まとめ

おとぼけキャラであった石井一久も野球にたいしてのコメントは的確なものが多く、野球センスはしっかりしていました。

これから楽天をどれだけ強くしていくのか楽しみですね。