石田隼都の現在!彼女?ドラフト評価!中学時代?2軍三軍の成績!東海大相模

石田隼都の現在!彼女?ドラフト評価!中学時代?2軍三軍の成績!東海大相模巨人
石田隼都の現在!彼女?ドラフト評価!中学時代?2軍三軍の成績!東海大相模
この記事は約5分で読めます。
石田 隼都)は、栃木県真岡市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。読売ジャイアンツ所属 ここでは巨人ドラフト指名の石田隼都選手の出身中学と所属チーム・中学時代の経歴についてご紹介していきます。野茂英雄の野球チームに所属していました。 石田隼都のプロフィール 強豪・真岡ボーイズでは2年春からエースを担い、3年夏には野茂JAPANの一員として米国遠征を経験しています。2021年9月22日にプロ志望届を提出。 10月11日に行われたドラフト会議にて、読売ジャイアンツから4位指名を受け、11月18日に契約金4000万円、年俸600万円で仮契約した(金額は推定)。背番号は56
  • 名前:石田隼都(いしたはやと)
  • 生年月日:2003年4月5日
  • 出身地:栃木県真岡市
  • 身長:186㎝
  • ポジション:投手
  • 最高球速:146㎞
  • 投打:左/左
  • 出身小学校:真岡小学校
  • 出身中学:真岡中学校

石田隼都の現在!彼女?2023!2軍三軍の成績

石田隼都の現在!2023!2軍三軍の成績

神奈川・東海大相模高からドラフト4位で入団した今季は2軍で2試合に登板しました。 「(秋季)キャンプやフェニックス・リーグでいいピッチングができたことはよかった」
巨人・石田隼都投手(19)が25日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、10万円増の年俸610万円でサインした。 引用元:巨人・石田隼都が10万円増の610万円で更改 2年目の来季は「初勝利を目標に」

現在も目標はプロ初勝利

捕食を取るなどして体づくりに励み、体重は10キロ増えて86キロとなりました。 「1年ですごい体が大きくなったと実感している。それを試合につなげたい。(来季は)初勝利を目標にやっていきたい」と言葉に力を込めています。 ヨシラバーは来季の初勝利を期待します。

彼女

石田隼都の彼女の情報はありませんでした。 これほどの選手なのでしかも東海大相模は共学なので、どうしても彼女のことが気になりますよね。ただ、高校球児は強豪に行けば行くほど練習量が多くほとんどの時間を野球に費やします なかなか彼女を作って遊びに行くといったことができません。おそらく諸隈くんもそんな感じなのではないかと個人的に考えています。

石田隼都の評価!ドラフト!東海大相模

真岡中学校時代は?

強豪・真岡ボーイズでは2年春からエースを担い、3年夏には野茂JAPANの一員として米国遠征を経験する怪物・石田隼都(新1年)。身長181㎝の長身から最速140㎞に迫る直球を誇り、その実力にはJAPANの一員も舌を巻く。多彩な変化球との組合せは既に中学離れし、進学予定の名門でも期待が懸かる!

ドラフトの評価

1年春から名門・東海大相模のマウンドに登りました。今夏は早くも聖地登板で好投を披露した世代No.1左腕・石田隼都(1年)。身長183㎝の長身から最速140㎞に迫る直球と変化球を操り、今秋は既に主戦として活躍。中学時代(真岡B)は野茂JAPANに選出され、全国の強豪校が接触した逸材。まずは選抜出場を狙う!
出身中学は栃木県真岡市にある真岡中学校です。中学でも硬式チーム・真岡ボーイズに所属し投手としてプレーしていました。 中学2年生ではエースになりました。中学3年生の時にはNOMOジャパンのメンバーにも選ばれアメリカ遠征にもいきます。

東海大相模高校時代

東海大学付属相模高等学校に進学し、1年春からベンチ入り。2学年上に遠藤成、1学年上に山村崇嘉、西川僚祐がいた。 同年夏の第101回全国高等学校野球選手権大会に出場し、中京学院大中京との3回戦で大会初登板・初先発して5回1失点と好投したが、自身の降板後にチームが逆転を許し敗れたました

2年春は

2年春の第92回選抜高等学校野球大会の出場が決定していたが、新型コロナウイルスの影響により同年の公式戦が全て中止とりました。 2020年甲子園高校野球交流試合に出場し、大阪桐蔭と対戦したが敗れました。 秋からエースとなりました。

選抜で優勝

3年春の第93回選抜高等学校野球大会に出場。全5試合(先発2試合)に登板して合計29.1回を無失点に抑えて優勝した。 同大会で無失点の優勝投手は69年ぶりでした。 春夏連覇を目指し同年夏の神奈川県大会でも順当に勝ち進んでいたが、準々決勝前にベンチ入りメンバー17人がコロナウイルスに感染したため、出場辞退となってしまいました。

石田隼都の家族構成!父と母

続いて諸隈くんの家族構成で現時点でわかっているのは、父・母・兄です。

石田隼都投手の父親は石田英生さんです。お父さんも現役でやっていたころはピッチャーだったのでしょうか? お父さんの英生さんはやはり野球経験者で、石田選手が小学生のころに所属していた真岡クラブの監督を務めていました! 小学生のころからお父さんと二人三脚でに練習に励んでいたんですね。石田隼都投手が小学生時代に所属していた「真岡クラブ」で監督をしています 石田隼都 が小学生のころに所属していた真岡クラブの監督だったんです。石田隼都 が活躍してチームを6年ぶりに全国大会に導いたのでとても喜んだのでしょう。 ちなみに兄には厳しく指導したので石田くんには自由にやらせたそうです

まとめ:石田隼都の現在!彼女?ドラフト評価!東海大相模?2軍三軍の成績!2023

いかがでしょうか。 石田隼都の現在!彼女?ドラフト評価!中学時代?2軍三軍の成績!東海大相模についてお伝えしました。 石田隼都の高校時代だけでなく、中学時代が凄いので紹介いたしました。今後の活躍に期待です。

コメント

カテゴリー

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました