カテゴリー

【巨人】今村信貴が先発復帰!2019中継ぎ・リリーフから二軍の活躍は?

今村

こんにちは、ヨシラバーです。

開幕ローテーション入りが確実といわれていた今村がなんと中継ぎでした。

チーム事情があるといえばそこまでですが、先発を目指して頑張ってきただけに驚きでさた。

ただ、先発に復帰します。

今村信貴のプロフィール

出身地 大阪府四條畷市
生年月日 1994年3月15日
身長 180 cm
体重 85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト2位
初出場 2013年9月16日
年俸 1,300万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
太成学院大学高等学校
読売ジャイアンツ (2012 – )

今村 信貴は田口を抜かした2018

2018年のはじめでありますが、今村は田口に対して下記のようにコメントしています。

「田口に抜かされたのは本当に悔しいです。差をつけられた一つの理由はスライダーのキレ、制球力かなと。田口を追い越さないといけないですし、内海さんや杉内さんにも勝たないとローテに入れない。左の先発で1番を目指します」

それから、田口を追い越すため一生懸命練習したんでしょう。

昨年の活躍やオープン戦の活躍をみると左のエースに食い込んだ感はありました。

2019の中継ぎ抑えの成績は?

長年屋台骨を支えたS.マシソンが体調不良で来日が遅れ、開幕は絶望です。

3月になって実戦デビューしたクローザー候補の新外国人R.クックも未知数と言わざるを得ない。

勝利の方程式入りが期待される吉川光夫、好調を維持する3年目の大江竜聖らも抑えとしての実績はありません。

中継ぎ陣が点数を取られてしまうというオープン戦を何度もみてきました。

こちらを解決するにはどうすればよいのか。原ジャイアンツはどのような働きかけにでるかと

おもっていましたが、びっくり人事でしたね。

今村の中継ぎへ

3/24のオープン戦で、原監督は「いい状態できている」と高評価。宮本投手総合コーチは「立ち上がりの不安を克服できた。いい調整ができた」とうなずいた。

開幕ローテーションは間違いないと思えた。

ロングリリーフや有事の際の先発要因としてブルペン待機する見込みとなりました。宮

本コーチは以前から「投手陣全員で戦っていく」と話しており、全員の力を結集してリーグ優勝、日本一奪回へスタートを切ると話しています。

畠や高橋優貴がおもったほかよかったのか、中継ぎ陣が頼りなかったため抑えにしたのがわかりませんが、これはチーム事情を考えるとしかたなかったのかもしれません。

2019先発復帰

今村は投手キャプテンとしてキャンプを過ごし、先発ローテを争っていたが、開幕直前に中継ぎに配置転換となりまた。

4月上旬に登録抹消となった後は2軍で先発調整を重ね、イースタン・リーグで2戦2勝、防御率1・38と安定感を見せてきた。中継ぎを経験したことで「1イニングの大切さを感じたし、中継ぎに迷惑をかけず、しっかりとした準備で中継ぎに渡したいという気持ちが、改めて出ていました」と視野も広がったようだ。

いまや左のエースともいえる存在のメルセデス、開幕4戦4勝と好調の山口が前後に控えていて、今村がきっちり力を発揮できれば3連勝スタートも夢ではない。

まとめ

田口には勝利したものの先発ローテーションには入れず。チーム事情といえばそこまでですが、プロとは本当に厳しい世界です。

シェアする