カテゴリー

巨人原監督がSNS禁止令!上原浩治やホリエモンの反応は?

こんにちは、ヨシラバーです。

原辰徳監督が、ナインによる“SNS禁止令”を予告しました。

何故でしょうか。また、各著名人の反応はどうだったのでしょうか。

読売ジャイアンツはSNSで不祥事か多い

昨年6月に若手ナインの痴態が動画流出し騒動になるなど、SNSでは痛手を負っています。

善かれあしかれSNSでの発言、投稿動画が大きな影響を与えてはいます。

上原やダルビッシュはSNSの良い例

上原のように“自分の口から直接ファンに伝えたい”との思いから、いち早く自身のニュースを伝えるタイプ。

さらに野球のみならず社会問題、世論に真っ向から持論を唱えるカブスのダルビッシュのようなケースもある。

西岡剛、桑田真澄がブログで引退や戦力外を自ら公表

最近では阪神から戦力外通告を受けた西岡が、球団の発表を待たずに“フライング公表”して問題になりました。

桑田真澄もブログで監督に相談せす、引退発表を行いました。

選手時代は監督候補だったにもかかわらず、この経緯から監督にはなれていません。

原辰徳監督がSNSを否定?

原監督はこう話しています。

「俺ね、有名人たちがSNSとかで自分で話すじゃない? あれダメだと思うね。あれは都合良すぎだよ。有名人ならば堂々といっとかなきゃな」

「ジャイアンツの選手もやっちゃいかんですよね? 言いたいことがあったら俺達(首脳陣)に言えと。あるいは新聞記者に言えと」

「やっぱりメディアの後ろにファンがいる、という結びつけがいちばん大事だと思うけどね」

原辰徳はsns に一定の理解を示す

SNS自体を否定している訳ではなさそうです。

「例えば(事実無根の)何かに対しての反論だったらまだ分かるよ」

ネット界のカリスマであるホリエモンが発言し、荒れる

野球界の大物に対し、この発言はホリエモンらしいですが、巨人の背景を知らないだけに少し残念でしたよね。

原のSNS禁止令が物議を醸してるけど、笠原→賭博後も懲りずにTwitter三昧、河野篠原→全裸でインスタライブ、正味コイツらのせいやろ

上原も早速ツイッターを利用する

上原も早速ツイートしてます。

これは球団にあらかじめ、確認をとってでですね。

上原は、裏ではきちんとしっかりとした人間関係を築きつつ、冗談をやるタイプに思えます。

まとめ

原辰徳監督が就任して以来、マスコミ受けがよいのか、原辰徳は毎日ニュースになり、聞かない日はありません。

ただ、野球は選手が主役です。監督より目立つ選手が巨人にも必要ではないでしょうか。

シェアする