【巨人】原辰徳新監督の新背番号83、背番号8は丸佳浩か?

こんにちは、ヨシラバーです。

原辰徳新監督の就任が決定しました。気になるのは背番号ですね。

現役時代の8番をつけるものといわれていましたが、83になる模様です。

それでは8番は誰がつけるのでしょうか。

原辰徳のプロフィールは?

出身地 神奈川県相模原市(現在の相模原市南区)
生年月日 1958年7月22日
身長 181 cm
体重 88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手、外野手、一塁手
プロ入り 1980年 ドラフト1位
初出場 1981年4月4日
最終出場 1995年10月8日

原辰徳の背番号は83で決定

背番号は第1次政権下(02、03年)でつけていた「83」になるもようだです。

原氏が初めて監督に就任した02年に選んだ番号で、自身が現役時の「8」と、尊敬する長嶋茂雄終身名誉監督の背番号「3」を合わせたものであります。

 原氏の中では原点に立ち返る意味が含まれており、15年以来となる「第3次政権」へ向けた強い思いが、背番号に込められているようです。

原辰徳の背番号は8との説もあったエイトマン復活

原辰徳の現役時代の背番号は8であり、思い入れが強い巨人ファンが多かったのは事実です。

長嶋茂雄、高橋由伸、王貞治など現役時代の背番号を背負い監督をしたこともあり、8になるのではと噂もされていました。

原辰徳氏が巨人の背番号8について以下のように言及していました。

「誰かのために取ってあるんじゃないの?」

「素晴らしい選手がつけてくれるはずですよ」

こんにちは、yoshiloverです。    2013年から4年間つけた片岡治大が引退し、「8」が空き番となりました。今や巨人で憧れの番...

背番号8はやはり大物フリーエージェント選手丸にわたるのか

巨人への入団が内定されていると噂されている丸佳浩です。

原辰徳の人脈は相当なものであり、監督就任に向けて各方面へ色々と動いています。

その筆頭は丸を獲得することであり、これは原辰徳が巨人の監督にするうえでの最大の条件だったともいわれています。

こんにちは、管理人のよしです。 今年の丸の調子は全盛期の高橋由伸に匹敵するものではないでしょうか。 そんな選手が2億しかもらっていません...

原辰徳関連の著書で原野球でビジネスにも活かすことができる組織論など本も多数あり

原辰徳をもっと知りたい方は本をよまれるものいかがでしょうか。

原辰徳著書 原点

名将となった原監督の自著で、リーダーシップや組織でのあり方、指導や教育の仕方、自身を成長させる方法などがわかります。ビジネス書としても価値ある内容です。

原辰徳は本当に勉強をしているとわかる本です。

なんと張本が落合博満と原辰徳の監督力

いまや、球界を代表する名監督となった原と落合。その監督力のルーツは巨人軍にある。
2人は’94年’95年の2年間、巨人軍でプレイした。落合は不動の4番打者で、’95年には2000本安打を達成。原はその年のシーズンを最後に引退した。やがて2人は覇者の座をめぐって熾烈な争いを繰り拡げていくことになった――

まとめ

原監督が背番号8をつけなかったのはなぜでしょう。

過去には監督時代に、谷良知や西武片岡を口説き渡すのに利用しています。