西武・炭谷銀仁朗がfaで巨人へ移籍?正捕手は小林誠司?

こんにちは、よしラバーです。

炭谷 銀仁朗が巨人へ移籍するというニュースが流れています。

宣言残留も選択肢に残しているが、プロ13年目を終え、新たな環境で勝負したい希望も持っていようです。宣言時に備え、楽天、巨人が調査を続けている。

巨人には、小林、大城、宇佐見、岸田と捕手がいるのですが、獲得する必要はあるのでしょうか。

炭谷 銀仁朗のプロフィール

出身地 京都府京都市左京区
生年月日 1987年7月19日(31歳)
身長 180cm
体重 93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2005年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2006年3月25日
年俸 1億1,000万円(2018年

炭谷 銀仁朗の西武時代の成績は?

20065410253.181
200728381.174
200846580.125
200911222603.220
20101000.000
201112220692.218
201213923700.194
201314128895.215
201412531777.202
201513331844.211
201611719641.218
201710432675.251
20184710320.248
NPB:13年116923465331.212

原辰徳の炭谷への想いは熱い

指揮官は炭谷への思いも熱かった。「いい捕手が巨人にもいるけど、エース(捕手)の経験という部分での刺激を入れるポジション。そういう意味で銀仁朗もわが軍の(補強の)考え方に合致した選手。彼も当然、球団に意思は伝えてある」。名字でなく、名前で呼び、親近感がにじみ出た。扇の要を託すイメージはできあがっています。

炭谷 銀仁朗を巨人はなぜ獲得?小林や大城はどうなる?

小林誠司は?

今季の捕手は、小林がチーム最多の119試合でマスクをかぶるなど肩を含めた守備力は高いが、打率は・219と低迷しています。

結局打たないと試合に出続けることができなくなるのです。チームが勝てなくて、打てなかったら、キャッチャーとして褒めるところがなくなるので、出られなくります。

こんにちはヨシラバーです。 巨人・小林誠司捕手の出場機会が激減し、スタメン出場は6月28日の広島戦(以来なく、12試合連続ベンチスタートと...

大城卓三は?

また、捕手として66試合に出場した新人の大城は打率・265と打撃力を示したものの、やはり経験不足は否めません。

キャッチングやフットワークリードの守備面はイマイチでしたよね。
社会人に進み、課題の守備面の向上により プロ入りしましたが順位は少し高い様に感じます

ただ、捕手ながらDHで起用されていることもありました。ドラフト指名当初から捕手からのコンバートの案がありの指名だった可能性もあるのです。

こんにちは、yoshiloverです。 2018年のジャイアンツは、バッターが課題だったり、ピッチャーが課題だったりと、守りがよい小林とバ...

岸田行倫

強肩強打型捕手タイプであり、打撃は中距離型です。パワーもそこそこあります。

捕手での守備面では、肩が非常に強くスローイングはそこそこ良く、キャッチングは普通、またリードは普通、スローイングがとても良い捕手です。バランス型の捕手といえるのでしょうね。

将来は捕手の候補ですが、やはり経験不足がいなめません。

こんにちは、管理人のよしです。ドラフト2位の岸田行倫がついに一軍登録! 以下2月に執筆した記事です。 キャッチャーでは正捕手...

まとめ

捕手が必要なのかは疑問であります。

コメント

  1. より:

    炭谷は絶対いらない
    小林と同じopsで打てない、人的が勿体無い
    大城メインで使うべき
    西武が森、広島があいざわを育てたように

  2. より:

    炭谷だけは絶対にいらないと自分も思う
    Bランクなのにこんなに巨人にきてほしくないFA選手ははじめてです
    本当にいらないです
    てかくんな!!