原辰徳が丸佳浩を名言で巨人に獲得する!年齢は還暦だが熱意は衰えることなし

こんにちは、ヨシラバーです。

原辰徳監督のFA獲得劇は見事なものです。反感もありますが、これこそザジャイアンツです。必要な選手を使い、うまく優勝するのが原辰徳の手腕です。

ただ、左の外野陣はまだ戦力をそろえていません。もちろん、巨人は丸佳浩を獲得したい気もちがあるのですが、獲得ができるのでしょうか。

原辰徳のプロフィールは?

原辰徳も60歳なんですね。永遠の若大将ではありますがね。

出身地 神奈川県相模原市(現在の相模原市南区[注 1])
(出生地は福岡県大牟田市)
生年月日 1958年7月22日(60歳)
身長
体重 181 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手、外野手、一塁手
プロ入り 1980年 ドラフト1位
初出場 1981年4月4日
最終出場 1995年10月8日

巨人の外野事情は厳しいので優勝・日本一を取るには丸佳浩は必ずとらなくてはならない。

長野、陽、亀井、ゲレーロとレギュラー候補に頼ることは難しいですし、石川や和田など若手もまだ期待はできません。
かといって、松原、重信クラスでも厳しいです。

即戦力で左のパワーヒッターと原辰徳監督がお話をしているように丸の獲得は確実なものにしなければなりません。

ロッテは22日、東京都内で丸と非公開で交渉。井口監督や球団幹部ら計5人が出席

ロッテ側の対応を見てていると、巨人・石井球団社長は、初交渉から原監督を同席させたい意向を明かした。「出てもらわなくちゃ困る。井口監督も出ていますし」と話しています。

原辰徳監督は、

「もちろん、喜んで。きちんとした形で伝える用意は、いつでもできています。交渉は広島で? それはもう、いかようにも」

と話しています。

原監督が広島に行くことには勝ち目がある証拠!浅村はソフトバンクで王貞治が出馬できず

原監督がわざわざ広島まで行って、丸との交渉に直接出馬するのに、巨人側に何の勝算もないなんてありえない。
もし勝算が全くないのに、現役監督を広島まで呼びつけて交渉させて入団がなかったら、交渉担当者は下手すりゃ首だよ。
事前交渉において、基本的に獲得濃厚で勝算ありだから、原監督直接出馬でダメ押しっていう感じでしょう。

浅村の時のソフバンもそうだったが、交渉に参加予定だった王さんが参加を取りやめたからね。
それは、浅村を獲得できなくて、王さんに恥をかかせるわけにいかないからです。
浅村との事前交渉で勝算がなかったから、ソフバンは王さんの参加を取りやめたんでしょうしね。

巨人は負け戦はしない

昔から巨人はFAでは負け戦はしない。と言われている。調査を重ねて(実は裏交渉か?)勝ち目のある選手にしかオファーしないらしい。
ましてや大将みずから出馬で負けはないでしょう。

まとめ

小笠原以上とも言われる丸の争奪戦です。ここ3年優勝している広島の戦力を弱ませるには丸を獲得するに至るでしょう。

原辰徳の言葉を今回も信じたいところです。