カテゴリー

【ヤクルト】原樹理は覚醒?球種や球速などシュートが得意

こんにちは、ヨシラバーです。

原樹理を取り上げます。

 2018年はプロ初完封を記録するなど、後半戦で5勝をマークして東京ヤクルトのクライマックスシリーズ(CS)進出に大きく貢献しました。

・覚醒した

・シュートがすごい

・山田哲人

などがネットで話題になっています。

原樹理のプロフィールは?

女の子みたい名前ですね。

山田哲人と一緒の兵庫県出身ですが岡山寄り。

東洋大姫路といえば山田哲人の恩師、履正社の監督の岡田さんの母校です。

同じ東洋大姫路イズムの継承者なんですね。

名前 原樹理(はらじゅり)
出身地 兵庫県加古川市
生年月日 1993年7月19日
身長 体重 180 cm 79 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴 東洋大附属姫路→東洋大学→東京ヤクルトスワローズ

地元の東洋大姫路高時代に進学し、エースとして甲子園に出場して注目を集めた。また松本竜也らとともに日本代表に選出されました。

東洋大進学後は、チームの2部降格や自身の右ひじ手術などもあり、3年春まではほとんど実績なしでした。

 しかし4年の春秋で計20試合に登板して14勝を挙げ、秋はチームの2部優勝に貢献した。

 駒澤大との入れ替え戦では、今回の侍ジャパンに選出された今永昇太(横浜DeNA)との投げ合いに勝利し、東洋大を1部昇格に導いています。

真中監督「ガッツポーズ」時のドラフト1位

2015年のドラフトで高山俊のはずれ1位でドラフト指名されてヤクルトに入団。2015年のドラフトといえば重信・宇佐見・山本がいますね。

原樹理の球速や球種は?覚醒したか?シュートが魅力

最速150キロを超えるストレートに、シュート、スライダー、カットボールを駆使しています。

制球力に定評がある。本人はシュートに自信を持っており、ストレートとほぼ同じ球速で、浮き上がるような独特な軌道を描きます。

2017年まではシュートに頼り過ぎて成績が上がらなかったが、2018年にはストレートの走りが良くなり、左打者の内角、右打者の外角へ投げ切れるようになっています。

「ライジングシュート」を武器にプロ1年目からの活躍を誓っていました。2018年8月現在の成績は8勝25敗です。「歴史歴な運のなさ」と言われていました。

2018年8月16日の巨人戦では12奪三振でプロ初完封をマークします。

その後も先発の柱として好投を続け、チームの2位躍進に大きく貢献。先発投手として高い能力を示してみせています。

伊藤智仁「潜在能力は群を抜いている」

ヤクルトOBの伊藤智仁氏が原の潜在能力を認めています。伊藤氏といえば、松井秀喜のドラフト指名を見送って野村克也が獲ったことで有名です。

まとめ

先発が手薄のヤクルトスワローズにとって、原樹理は期待の星ですね。

シェアする