【阪神】原口文仁ががんで手術へ!復帰はいつになる?

こんにちは、ヨシラバーです。

自身のツイッターアカウントを開設し、大腸がんであることを公表した。直筆メッセージを掲載し、進行度などは明かさなかったが、治療に専念するためキャンプには参加せず、近日中に入院、手術を行うことを明かしました。

原口 文仁のプロフィールは?

出身地 埼玉県大里郡寄居町
生年月日 1992年3月3日(26歳)
身長 182 cm
体重 88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手、一塁手
プロ入り 2009年 ドラフト6位
初出場 2016年4月27日
年俸 2,000万円(2018年)

原口 文仁の阪神での成績は?代打の切り札として桧山進次郎にせまる

 開幕一塁を迎えた2017年は、打率・226、6本塁打、25打点と低迷だがしました。

 今季は捕手再挑戦を志願し、9試合に捕手として先発出場。打率・324、2本塁打、19打点と持ち味の打棒を取り戻しています。

また、代打で驚異的な勝負強さを発揮し、打率・431、1本塁打、18打点。代打の切り札として5割に迫る代打打率を誇り、シーズン代打安打の球団記録でも桧山進次郎氏が持つ「23」まで、あと1まで迫っていた。

2018年は原口 文仁が怪我で骨折!登録抹消

9月14日のヤクルト戦に代打で出場した際に、ファウルを打ち、左手を負傷しました。

 その後、病院で精密検査を受けて「左手第五中手骨骨折」を診断された。球団広報によると「ここまで我慢してきたが、本日、抹消ということになりました」と、痛みをこらえて出場を続けていたそうです。

「左手第五中手骨骨折」とは?

日本ハムの大田泰示も怪我をしております。ゲーム復帰には3~4週間を要す見通しといわれていましたが、結果としては2か月ほどかかりましたよね。

今季の復活は絶望的ではないでしょうか。

金本監督は下記のようにコメントをしています。

骨折なので、患部固定に2週間、リハビリに2週間かかる。(復帰は)どうだろうな」と説明しました。

原口 文仁が大腸がんを公表

原口は以下のコメントを残しています。

「プロ10年目を迎えるにあたり、昨年末、人間ドックを受診したところガンと診断されました。病名を聞いた時は、さすがに驚き、動揺したのも事実です。しかし今は、プロ野球選手という立場でこのような病気になった事を自分の使命だと思えます。同じガン患者の方々、また、そのご家族の方々にとって少しでも夢や希望となれるよう精一杯、治療に励みたいと思っています。今後の予定としては、近日中に手術を受け、そのあとリハビリに励んで早期の実戦復帰を目指します」

原口 文仁が大腸がんの復帰は?

進行度などは明かさなかったが、治療に専念するためキャンプには参加せず、近日中に入院、手術を行うことを明かした。

まとめ

大黒柱の福留も右太ももを痛め万全ではない。北条は脱臼である。代打の切り札である原口までもが不在となっては大幅な戦力ダウンは否めません。

どの球団も怪我人が多い中で頑張っている感はありますが、やはり広島や西武など強いチームは怪我をしませんね。

怪我をしても変わりの人間がでてくる層の深さもあります。阪神にも新しいスターが現れるでしょうか。