糸井福留鳥谷球児がオリックスへ移籍?中日岩瀬で人的保障が怖い

こんにちは、ヨシラバーです。

西の阪神入りが決定しましたが、オリックスは有り余る資金で、糸井や福留をねらってるとか話がありますね。

関西地方での争いですね。

オリックスは中島や金子など豊富な経験者がいない

人的補償を選択した場合、球団関係者から注目の発言です。

「うちには金子、中島、西が抜けて(残留に用意していた資金が)12億円ぐらいあるわけだから、福留や鳥谷、糸井、能見、藤川でも獲れる。そこが外れていたら、いくよ」

チームの補強ポイントは先発投手と三塁手。だが、オリックスは今季、小谷野が現役を引退し、中島は自由契約で巨人となりました。

金子も日本ハムに移籍するなど、主力級が相次いでチームを去った。それだけに同関係者は「ベテランがいなくなったということもある。経験者を加えるという考え方もある」と説明した

糸井のオリックスや阪神の顔鳥谷流出も

若手を多めにプロテクトした場合、ベテラン勢から漏れる選手も出てきまさひ。

高額年俸や複数年契約だから大丈夫だろう、とタカをくくれば、オリックスは遠慮はしない。28人から漏れていれば、糸井の出戻りだって可能性はある。

中日岩瀬も人的保障の対象となりかけた

中日大野奨太捕手に関し、日ハムは、人的補償を求めず、金銭補償を求めると発表したが、舞台裏で日本ハムはある選手に白羽の矢を立てていたそうです。

それが何と球界のレジェンド・岩瀬仁紀投手兼コーチでした。

日本ハムから岩瀬の指名を受けた中日は、大混乱に陥っていた。中日としては岩瀬の指名はまさかの出来事で「岩瀬は超のつく大ベテラン。今季から兼任コーチの肩書もついている。球界の暗黙の常識からしても兼任コーチは選ばないと踏んでいたようだ」と球界関係者はいう。

チームを長きにわたって支えた功労者を人的補償で移籍させるなんてことになれば球団にとっては大失態。ファンから批判が噴出するのは間違いなかったです。

まとめ

仕方ないよね、それがFAという制度だから。
資金があまりない球団に対しては、お金がかかる選手は獲らないだろうという前提でプロテクトから外すこともあるだろうけど、
資金力が豊富なオリックスにそれは通じない。

FAあまり参加しない他球団からすると、これからの人的保障の動きがある意味楽しみですね。