カテゴリー

【ソフトバンク】江川智晃が怪我!ヘルニア手術で開幕絶望!引退は避けたい

ソフトバンクの江川選手がヘルニア手術で全治3ヶ月という情報が入ってきました。

江川智晃とは?

ダルビッシュや森福、涌井らと同世代です。

出身地 三重県伊勢市
生年月日 1986年10月31日(32歳)
身長体重 180 cm89 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手、一塁手、三塁手
プロ入り 2004年 ドラフト1巡目
初出場 2006年5月5日
年俸 1,400万円(2019年)
経歴 三重県立宇治山田商業高等学校→福岡ソフトバンクホークス (2005 – )

怪我の状況は?

ソフトバンクが6日発表した情報によると、徳島市内の病院で脊椎全内視鏡ヘルニア摘出、内視鏡下椎間板摘出手術を受けました。入院じたいは10日程度ですが、復帰まで約3カ月を要する見込みで前半は絶望的な状況です。

2月の宮崎春季キャンプ直前に腰を痛めていたそうです。

1月の報道では「ギックリ腰」と報じられていましたが事態は深刻でした。

ソフトバンク江川智晃外野手はぎっくり腰の影響でリハビリ組からのスタートとなった。自主トレ中の1月28日にダッシュしようとした瞬間に発症していた。「またゼロ、い… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

過去ヘルニアに悩まされた選手

ヘルニアといえば2人の選手が選手生命に関わる怪我をしてきました。江川選手も、リハビリ後に無理をしてしまうと赤星さんのように引退の危機に陥ってしまいます。

野球解説者の赤星憲広さんは、2007年に初めて症状が出ており、医師から激しいプレーを避けるよう忠告されていたが、09年9月12日の試合で、ダイビングキャッチを試みて起き上がれず、背負われてベンチに下がった。これで首の症状が悪化し2月に現役を引退。

阿部慎之助も2015年に症状を悪化させ、捕手から一塁手にコンバートしました。2019年は捕手復帰しましたが、ファンの間では無理しないようにと心配されています。

2018年は?

現在は2軍生活を送ることが多くなってきました。2軍で表彰されていましたが、2018年は5試合のみの出場に留まっていました。

まとめ

ヘルニアとは厄介です。しっかりリハビリして戻ってきてほしいものです。

シェアする