カテゴリー

DeNA・井納翔一の成績や球速・球種は?ハマの宇宙人といわれる

こんにちは、ヨシラバーです。

個性的な性格から「ハマの宇宙人」とのニックネームがある井納の話題です。

勝ちより負けが多いことから2018年は中継ぎに回ったのですが、2019年は先発に復活しています。

球種や球速、DeNAでの活躍はどうなのでしょうか。

井納 翔一のプロフィールは?

出身地 東京都江東区
生年月日 1986年5月1日(32歳)
身長
体重 188 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 ドラフト3位
初出場 2013年4月4日
年俸 7,200万円(2019年)

井納 翔一の木更津総合高等学校時代は

2年夏にチームが第85回全国高等学校野球選手権大会に出場するも、自身はベンチ入りできずスタンドで応援する選手でした。

3年夏は千葉大会準決勝で千葉経大附高に敗れた。甲子園出場経験はありません。

井納 翔一の上武大学での活躍は?

高校卒業後は上武大学に進学しhます。また、関甲新学生野球連盟に所属する硬式野球部に入部です。

 4年時から頭角を現し、春秋連続でリーグ優勝を果たし、自身も春夏連続で最優秀防御率をマークする選手となりました。

それでもプロには指名されるには至らずです。

井納 翔一の東日本では

2年目の2010年の第37回社会人野球日本選手権大会で全国大会に登板するが、3年間は思うような活躍ができずに戦力外も覚悟したが、スプリットの習得とフォーム修正によって4年目の2012年は主軸となります。

井納 翔一のDeNAでの活躍は?

2013年は?

2013年には、公式戦の開幕から一軍の先発ローテーションに入ると、4月4日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦でプロ初登板します。

 5月7日の対広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)で、プロ初勝利を挙げました。

 体重の増加によって[で不安定な投球が続いたことから、中継ぎや二軍への降格も経験した。二軍調整中に体重を絞ったり、ストレートの勢いを取り戻したりしたことから、一軍に復帰した8月以降は公式戦5試合で3勝をマークします。

2014年は

通算で25試合に登板。防御率は4点台ながら、自身初の2桁勝利(11勝)を挙げたほか、リーグ最多の3完投を記録しました。

2015年は

 公式戦の開幕当初は、好調なチーム状況を背景に、一軍公式戦での先発で勝ち星を量産します。

 しかし、チームの調子が失速するにつれて、自身の成績も下降線をたどった。一軍公式戦全体では、21試合で5勝8敗を記録します。

 防御率(3.27)を前年から改善させた一方で、被打率が3割を超えるなど、不安定な投球に終始となりました。

2016年

開幕投手を井納がつとめました。井納にとって初めての開幕投手であったが、7回無失点の好投でシーズン初勝利を挙げている。

レギュラーシーズン通算では、一軍公式戦23試合に登板。通算成績は7勝11敗で、自身初の2桁敗戦を喫したが、先発陣の一角でチーム史上初のクライマックスシリーズ(CS)出場に貢献しました。

2017年

前半戦では、14試合の登板で、4勝4敗、防御率3.41という成績を残した。

レギュラーシーズン全体でも、先発ローテーションの一角を担いながら、2年連続の負け越しと2桁敗戦を喫しました。

2018年

アレックス・ラミレス監督の方針で、「勝利の方程式」を担うロングリリーフ要員へ本格的に転向ました。

 4月13日の対中日戦(横浜)では、直近のカードまで5試合連続で登板していた山崎康晃に代わってクローザーを任された末に、一軍公式戦で初めてのセーブを記録しました。

 以降の公式戦でも中継ぎで2勝を挙げたが、5月の登板試合で救援の失敗が相次いだため、同月23日に出場選手登録を抹消されました。

一軍でも先発ローテーションの一角を担ったが、9月14日の対巨人戦(横浜)でシーズン6勝目を挙げたことを最後に登録を抹消されます。

10月1日に右肘のクリーニング手術を受けています。

井納 翔一の球速や球種は?

スリークォーターから平均球速約144km/h、最速152km/hのストレートと武器であるスプリットに加え、スライダーや大きな弧を描く110km/h台のカーブを投げます。

まとめ

横浜では安定した活躍を残している貴重な投手かもしれません。

シェアする