長野久義が広島移籍で丸佳浩への開幕戦のブーイングは減るか?

こんにちは、ヨシラバーです。

丸佳浩の人的保障が誰になるかと話題になっていましたが、まさかの長野久義でした。

長野久義は、ネームバリューがある選手であり、広島ファンも歓迎しているようです。

広島ファンも、巨人との開幕戦で丸にブーイングをする予定だったのも、随分と落ちついてきたようですね。

長野久義のプロフィールは?

出身:佐賀県三養基郡基山町

誕生日:1984/12/6

身長:180cm

体重:85kg

プロ入り:2009年(ドラフト1位)

初出場:2010/3/26

出身:筑陽学園高等学校

出身大学:日本大学

出身:Honda

広島ファンの丸佳浩への敵視がなくなる

丸も驚きを隠せなかった長野の移籍です。

まさに激動の幕開けとなったが、巨人生え抜きスター選手の入団で、丸を“敵視”してきた一部の過激な鯉党の間でも風向きがガラリと変わってきた。

広島カープファンは下記のようにコメント

「丸が広島に来たら絶対にブーイングして、とことんヤジってやろうと思っていました」と語った生粋の広島ファンは「そういう考えはやめました」と話します。

「人的補償で来るのが“生半可な選手”だったら別ですけど、まさかの長野選手ですよ。丸が出ていっても、正直お釣りがくるレベルの選手です。だから、丸にブーイングするのではなく、広島のために戦ってくれる長野選手のために大声援を送ろうと。みんなでそう話し合っていますよ」となっています。

こんなビックネームが広島にくるなんて、考えられないとか

さすがはジャイアンツブランド

丸佳浩に変わって3番打者候補のため、「タナキクチョー(1番 田中広輔 2番 菊池涼介 3番 長野久義?)」が自然発生

巨人ファンには丸佳浩とはいえ長野流出は痛かった

G党にとっては手痛い流出となったが、猛バッシングにさらされた丸が長野によって救われた格好です。

複雑な話ですか、広島に長野は大歓迎されてます

長野久義は広島で才能を発揮出来るか

長野久義は環境変えて伸びるかもね。

ドラフトで巨人に入れて満足してしまったから、近年の不調があるかもしれない

「なぜカープはあんなに強いのか、ずっと知りたかった。中に入ればきっとそれが分かるでしょう。新しい野球を勉強できるのは、本当に楽しみです」

膝の怪我の影響もあったかもしれません。.290の打率を残した2018年を考えると、今季は復活するかもしれませんね。

まとめ

長野選手の人的保障は本当に想定外でした。年俸が二億以上あり、プロテクトを外したとしても、広島カープ は獲得しないだろうと考えたのでしょうか。

また、広島には鈴木誠也、菊池、大瀬良の巨人ファンや東海大の田中もいるため、流出を避けるためにも、高額な長野を獲得したのでしょうか。

まさかの流出でしたね。

シェアする