青木宣親(あおきのりちか)の応援歌・登場曲glay・引退のまとめ記事

青木宣親(あおきのりちか)の応援歌・登場曲glay・引退のまとめ記事青木宣親

 

宣親(あおき のりちか、1982年1月5日 – )は、宮崎県日向市出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。東京ヤクルトスワローズ所属。愛称はノリ(Nori)。

青木宣親(あおきのりちか)の応援歌・登場曲glay・引退?

青木宣親の引退騒動

青木宣親(ヤクルト→MLB→ヤクルト)に起こった引退騒動のこと。

球界を代表する「安打製造機」の青木は2011年シーズンに前年から成績を大きく落とし、6年続いた打率3割も達成できずに終了するのが確実と見られていた。

しかし青木はシーズン終盤、9月に東京スポーツのインタビューにて「3割打てなかったら引退って書いていいですよ」と公言します。

これにより青木は自らの進退を賭けた戦いを始めることとなる

発言直後からその打棒が復活し一時は3割に到達する勢いであったがシーズン終了直前にはV逸したチームの勢いを象徴するかのように急失速、結局は打率.292でシーズンを終えた。

「本当に引退するのか」と問いかけた記者に

「何なんですか、あの記事は!あんなことを言った記憶はないですよ!」

と激高。目が点になった記者を前に「引退するわけないでしょ! まだまだ野球を続けますよ」と熱い引退撤回宣言を行った。
東スポも捏造呼ばわりはごめんだと青木に対して再度「言いましたよね」と確認を求めたが、青木は記憶の混濁が生じたのか急にトーンダウンしながら「本当に言ったことを覚えていないんだよ。言ってないはず…」とブツブツとつぶやきながら球場を去っていったとのこと。ちなみに東スポは地味にCSでの奮起を祈る〆で書いており、さりげないぐう聖っぷりを見せている(なおヤクルトは巨人に勝ったが、ファイナルで中日に敗北)。

NPBから引退

その後、青木はポスティング・システムを行使しメジャーリーグへ挑戦することを発表。結果的に「NPBからの引退」という形で公約は守られることになった。

しかしNPB引退から6年、メジャーでの契約が決まらなかった青木は2018年シーズンから再びヤクルトのユニフォームに袖を通すことを発表。ついにNPB現役復帰となった。

その2018年シーズンは序盤こそやや苦しむもそこから復調。中盤からは主に2番打者として打線を引っ張り、最終的にチームトップ、セ・リーグ4位の打率.327を記録。上記の引退騒動から7年越しに打率3割を達成した。

青木宣親の応援歌

(ファンファーレ:ここで勝利を呼べ 行くぞ青木宣親 「青木!」)
皆と共に 描いた未来を掴むため
愛すチームで 更なる伝説築け

青木宣親の登場曲がglay

2022年に青木宣親選手が使用している登場曲です。

青木宣親選手はGLAYのファンであり、これまでもGLAYの曲を使用してきました。

今回はミリオンセラーであるSOUL LOVEが登場曲として使用されています♪

  • SOUL LOVE

 

  • BELOVED(オープン戦)

青木宣親

青木宣親は青木 佐知が嫁?子供?再婚?自宅や家!家族?結婚!馴れ初め!旦那!takutaaoki?エミリー・アオキ

青木宣親

青木宣親はなぜ天才?若い頃セカンド!通算成績!生涯打率安打?名球会?

青木宣親

青木宣親の現在?引退?3000本はいけそう?

青木宣親

青木宣親の年俸!メジャーの成績・評価すごい!成功・失敗?2021

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました