カテゴリー

捕手からコンバートした野手2019は?大城卓三は小笠原道大を超える?

大城卓三の一塁手専念ニュースは一体何だったのでしょうか。バッティングが魅力的なので、一塁手でも捕手でもレギュラーで見てみたい気持ちがあります。

一軍の捕手登録者多すぎ問題。秀逸なリプライです…

ところで、過去には捕手から内野手にコンバートして大成功した選手がいるのをご存知ですか?オガラミ旋風を巻き起こした「小笠原道大」もその1人ですね。

捕手からコンバートした選手

捕手から内野手・外野手に転向した選手ですが、球界を代表する選手ばかり。

小笠原道大(内野手)
衣笠祥雄(内野手)
田淵幸一(内野手)
和田一浩(外野手)
近藤健介(外野手)

捕手をコンバートする目的は?

捕手から内野手、外野手にコンバートするのは以下の目的が多い

打力の高さ

捕手というポジションは特殊な技術が要求される。打力は高いもののリードやフレーミングなど守備力に難のある選手がコンバートされるケースがある。

大城卓三は捕手能力に問題があるわけではありません。肩の強さ、キャッチングも普通に上手いですからね。ただ正捕手小林誠司という壁がエベレストなみに高すぎました。

健康問題

健康不安を抱える選手が、負担を軽減する目的でコンバートされるケースがあります。

阿部慎之助がこのケースに当てはまりますね。

里崎智也は反対派

元ロッテの里崎智也は、安易な捕手のコンバートに対して警鐘を鳴らしています。

打力があり捕手能力に課題が残るキャッチャーは守備を鍛えるべきという意見です。

コンバートしすぎるからじゃないですかね。打力のあるやつを安易にコンバートしてしまうから、打てないやつだけが残っていく。最近だったら、ハムの近藤(健介)とかもそうでしょ? 西武の森(友哉)だって、リードがアカンって烙印を押されたら、ヘタしたらコンバートさせられるかもしれませんよ。打撃を活かすって言うたら聞こえはいいけど、裏を返せば、打てるキャッチャーの守備力をちゃんと鍛える力がないってことを、自ら証明してしまってるようなもんだと思うんですけどね。

全国のマリーンズファンに不定期でお届けしてきたこのコラムに、今年1年を締めくくるにふさわしい、あの大天使がいよいよ降臨。来季もきっと千葉ロッテマリーンズという球団のために一肌脱いでくれるであろう、我らが里崎智也の、よそでは読めない本音トークに刮目せよ!!

まとめ

大城卓三は正捕手として小林と競いあってほしい気持ちもありますが、惚れ惚れするバッティングを活かすにはコンバートして欲しいというきもちもあります。

仮に一塁手に専念したら、もしかしたら小笠原道大を超える選手になるかもしれません。

どのポジションでも応援したいものです。

シェアする