【楽天】アマダーがドーピング違反!過去に井端弘和も球団の不手際?

楽天のジャフェット・アマダー内野手が18年8月9日から19年2月8日まで、6か月の出場停止処分になりました。

 日本野球機構(NPB)は9日、楽天のジャフェット・アマダー内野手(31)がドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したとして、同日から来年2月8日まで6カ月の出場停止処分を科したと発表した。
情報満載デイリースポーツ/楽天アマダー ドーピングで6カ月間の出場停止処分 規定違反は5人目

ジャフェット・アマダーとは?

アマダーのプロフィール

本名ジャフェット・イシドロ・アマダー・エルナンデス。

1987119 (年齢 31)生まれ。

メキシコ合衆国バハ・カリフォルニア州ムレへ出身のプロ野球選手。

右投右打。

現在は、NPBの東北楽天ゴールデンイーグルスに所属。NPB史上最重量選手(141kg)である。

アマダーの年俸

2018年は推定6000万円。

アマダーの性格は?

普段は物静かな性格だそうです。ウィーラーは言葉が通じるため大の仲良しだとか。

「なんか、あれ、体形おかしくねぇか?」沖縄・久米島(くめじま)で行なわれている楽天キャンプ。練習開始前にカメラマンたちから、そんなささやき声が聞こえてきた。その声の先にいたのは、楽天の新外国人選手、ジ...(2/2)

アマダー「事実無根」と主張しています。

アマダーは事実関係を否定しています。アマダーは球団を通して、下記のコメントをしています。

「これまでの野球人生においてドーピング行為を行ったことは決してありません。今回の陽性反応には大変な驚きと共に、身に覚えのないことでとても不安でもあります。引き続き原因追及のための調査には全面的に協力していく所存です。皆さま、ご心配をおかけしていること申し訳ございません」

 NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会は9日、楽天のジャフェット・アマダー内野手(31)に対し、18年8月9日から19年2月8日まで、6か月の出場停止処分を科すと発表した。 楽天は、3日に登録抹消になったアマダーに対し【野球】

過去の例!井端弘和もドーピング疑惑?

ドーピング違反となったのはこれで5人目。2007年にドーピング検査を本格導入して、2011年の井端(当時中日)以来だそうです。

過去の例

  • 1、2007年8月 ガトームソン(当時ソフトバンク)→20日間出場停止+制裁金750万
  • 2、2008年5月 ゴンザレス(巨人) →解雇
  • 3、2008年6月 リオス(ヤクルト)→解雇
  • 4、2011年9月 井端(当時中日)→けん責処分、始末書提出、制裁金300万円

井端弘和は球団の不手際

井端さんはは慢性的な目の疾患を抱えていました。其の治療目的としてプレドニゾロンを使用するため除外措置(TUE)を申請し認められていましたが、使用の有効期限を巡り球団側の不手際があったそうです。

まとめ

事実関係の調査が必要ですね。故意じゃなかったらかわいそう。