西武秋山翔吾はfaでメジャー移籍2019?謎の単年契約で笑顔なし

こんにちは、ヨシラバーです。

日米野球では、秋山翔吾の活躍を見るとなぜメジャーに挑戦しないのかと考えてしまいますよね。

また、国内フリーも巨人ファンだったのですが、行使せずです。

秋山翔吾のプロフィールは?

生年月日:1988416(28)
出身地:神奈川県横須賀市
身長:183センチ
体重:85キロ
右投左打

秋山翔吾がメジャーでの評価は?

元日ハムの元ハムのマーティンが秋山を評価してます。

バットコントロールが素晴らしく、長打も打てるけれど、広角に打ち分けられる技術はすごいといわれていましは。

守備もいいし、メジャーに行ったら、二塁打を多く打てる好打者になると言われてます

また西武ライオンズで黄金期を作ったデストラーデも秋山を評価しています

「マイフェイバリットは新しい秋山。打撃はグレートでビューティフル。センスがある。足も速いしエキサイティングなプレーヤーだ。素晴らしいメジャーリーガーになれる

秋山翔吾はfaで巨人に移籍するとも噂されたほどファンだった

パワプロをやっていたという秋山は、どのチームを使っていたか聞かれると「巨人ですね」と即答しています。

巨人ファンだったのかを問われ、「そうですね」と話してますら。

ゲームでは、高橋由伸氏、松井秀喜氏、仁志敏久氏らを起用していたといいます。

秋山は子供の頃に父親から野球を教わり、清水隆行のフォームを真似していたといいます。

秋山翔吾は巨人に移籍せずFAでメジャーに移籍か?

2016年に三年契約をしています。巨人ファンだったので、国内FAを行使して移籍するのかと噂はありました。

ただ、メジャーへの移籍を狙っている可能性がありますね。

性格的にポスティングでメジャーに移るではなく、フリーエージェントを利用してが高いのではないでしょうか。

来季が契約最終年。

順調なら来季中に海外フリーエージェント(FA)権を取得するため、早ければ20年からメジャーに挑戦する可能性が出てきた。西武への愛着を示す一方、メジャーからも高い評価を受けており、今後の動向が注目されます。

秋山翔吾か西武ライオンズと契約

埼玉・所沢市のメットライフで契約更改交渉を行い、球団からの新たな複数年契約の提示に断りを入れました。

来季が3年契約最終年で、順調なら海外FA権を取得見込み。

従来の契約を選び、1500万円増の年俸2億3500万円プラス出来高でサイン。メジャー挑戦の意向もあり、来オフは日米争奪戦となる可能性が浮上した。

まとめ

バッターでは、海外メジャーに挑戦する選手が少なくなってしまいました。

2000年代に多くのバッターが挑戦したにもかかわらず、イチローや松井秀喜しか成績が残せず、メジャーの評価が下がってしまったのかもしれません。

柳田や秋山、山田哲人が挑戦しなければ、メジャーはまた遠い場所になってしまうかもしれません。