巨人の打順・打席2019は?開幕で二番丸三番坂本四番岡本

こんにちは、ヨシラバーです。

2019年に向け、大補強をしたジャイアンツです。

必ず優勝するために、原辰徳が監督として復帰し、オーダーか気になりますよね。

実力至上主義を掲げてる、原さんがどのような開幕オーダーをたてるか、考えてみました。

球団ワーストタイの4年連続V逸からのタイトル奪回を目指すべく、このオフは原辰徳監督就任後、チームは大補強に乗り出しストーブリーグの主役となっています。

【2019巨人予想オーダー】

()吉川
()
()坂本
()岡本
()ゲレーロ
()ビヤヌエバ
()
()小林
()菅野

[その他の主な野手]

(捕)△阿部慎之助

(捕) 炭谷銀仁朗

(内) 中島宏之

(内)△田中俊太

(外) A.ゲレーロ

(外)△亀井善行

※△は左打ち

丸加入が最大の補強のジャイアンツ

中でも今オフFAの最大の目玉であった2年連続セ・リーグMVPの丸佳浩加入がもたらす影響は少なくない。

得点につなげることはもちろん、2018年は130四球、.468と出塁率の高さでチャンスメイクも担う。

岡本和真は2019年も四番をうてるのか?

あとを打つ若き四番の岡本和真は今季史上最年少で「3割、30本塁打、100打点」をクリアしている。一軍で活躍したのは4年目で初めてだが、他球団からのマークが厳しくなる来季、“2年目のジンクス”に苦しむことなく役割を全うできれば、チームの得点力は18年以上となることは確実だ。

巨人補強は?

18年シーズンにメジャー20発のC.ビヤヌエバと、オリックスを自由契約となっていた中島宏之の獲得で一塁、三塁、左翼と、懸案だった右の代打問題もします。

代打が中井だったことを考えると大補強です。

西武から炭谷銀仁朗獲得で捕手の層も厚みを増した。

ただし、こちらの起用法は小林誠司、大城卓三との併用か、競争による固定かは未定だ。

外野は丸は決定、そのほか?

丸加入で外野手争いは熾烈。残りは2枠。長野久義、陽岱鋼、亀井善行の実績組に、重信慎之介、松原聖弥らによるチーム内競争は激しくなっています。

まとめ

内野は岡本和真、吉川尚輝、田中俊太がいます。若手はそだっています。

外野には、和田恋や松原がレギュラーに育つか楽しみですね。

シェアする