【巨人】ジャイアンツが弱いので補強2019はどうなるか?

こんにちは、ヨシラバーです。

高橋由伸の続投が示唆されています。

巨人ファンではこのままでは勝てないと思っているので解任を願っている人が多いのですが、

巨人は高橋由伸を原辰徳のような名監督に育てたいとおもっているのでしょう。

原辰徳も堀内暗黒時代から、小笠原やラミレスなど大型選手を獲得してもらい、強くなったのは事実です。

高橋由伸続投報道だが補強を考えている山口オーナー

 山口オーナーが、続投する理由として、今季30本塁打をマークし、4番に座っている岡本らの若手が活躍している点を挙げ、「岡本や吉川(尚)、そういった若手選手がかなりの成績を残しているのは、監督やコーチ陣が力を合わせて若手を育てようとしてきたことも大きかった。キャンプからその姿勢を貫いてきているところは、私としては評価をしている」とし、「十分にチームを整えて監督には腕をふるってもらいたいと私は考えている」と話しています。

ジャイアンツの補強は2019

こんにちはヨシラバーです。 巨人ファンで評判が悪くなってきた高橋由伸監督ですが、実はナベツネには評判がよかった。 来年の続投もありえるの...

つまりは来期は大幅な補強があると考えれます。

筆頭は広島の丸は候補でしょうね。球団としては、広島弱体化のためにも、杉内と同じで生涯契約をし、是が非でも取りに行くでしょう。

こんにちは、管理人のよしです。 今年の丸の調子は全盛期の高橋由伸に匹敵するものではないでしょうか。 そんな選手が2億しかもらっていません...

西武の浅村です。吉川や田中俊太など伸びる可能性はありますが、ホームランを打ち打点王までとるセカンドを獲得するでしょうか。浅村はとらないかもしれません。

こんにちは、管理人のよしです。 西武の浅村が今年FAの資格を取得します。大型内野選手なので金銭面に余裕があるチームが取得に狙うと思うでしょう。チームは、巨人・阪神・ソフトバンクでしょうね、 浅村 栄斗のプロフィールは? 大阪市の大阪桐蔭ですね。 出身地 大阪府大阪市東淀川区 生年月日 1990年11月12日 身長 18...

西はとりにいくと思います。ただ、FAでとるピッチャーは活躍していません。そして、今年度の西はFAを意識しすぎているのか活躍ができていません。

こんにちは、管理人のよしです。 国内フリーエージェント権(FA)を5月20日に取得したオリックス・西勇輝投手のトピックです。西はまだ若く、獲得を狙う球団がたくさんあると思われます。 西 勇輝のプロフィール 出身地 三重県三重郡菰野町 生年月日 1990年11月10日 身長 体重 181 cm 80 kg 投球・打席 右...

意外に騒がれていないのが松山のFAです。コストパフォーマンスがとてもよいのですが、活躍年数がすくないためか、話題になっていません。

ただ、ジャイアンツにくればクリンナップを打てる力はあります。ただ、本命は丸でしょう。

こんにちは、ヨシラバーです。 2018年も広島東洋カーブは圧倒的な強さでありますが、その連覇に貢献している松山がFAを取得しています。 ...

補強しても強くならないのが野球!堀内監督では優勝ができなかった

例が2004年の史上最強打線です。

原辰徳が監督から退き、松井秀喜もいなくなり、監督が堀内になりました。

そして選手も、ローズ、小久保、ペタジーニと各チームの4番を獲得し、控えにも清原和博に江藤と他チームの4番を獲得しています。

1 二 仁志敏久 右 .289 28 60 3
2 左 清水隆行 左 .308 16 60 4
3 中 タフィ・ローズ 左 .287 45 99 3 本塁打王、ベストナイン(外)
4 右 高橋由伸 左 .317 30 79 1
5 三 小久保裕紀 右 .314 41 96 0
6 一 ロベルト・ペタジーニ 左 .290 29 84 2
7 捕 阿部慎之助 左 .301 33 78 0
8 遊 二岡智宏

<控え>
清原和博 率.228 本12 点27
江藤 智 率.227 本4 点15
元木大介 率.240 本2 点13

こんにちは、ヨシラバーです。 巨人が貧打に苦しむことになっているとは、2000年前半の巨人は、誰もが思っていなかったことでした。最近では、...

チーム本塁打は歴代の記録を更新し、259本まで伸びました。また、打点(719)、長打率(.483)、出塁率(.339)がセ・リーグ1位と、史上最強打線の名に違わぬ成績を残しているのです。

ただ、優勝はできませんでした。結果3位となりました。よい選手を育てても打順にバランスがなくてはなりません。

当時中日の監督となった落合が優勝しましたが、巨人は補強すればするほど弱くなるので(ホームランバッターだけだと打たれないようにすればよい)、と発言もされ散々な黒き歴史となっています。

まとめ

原辰徳は補強をし、戦力をうまく回せたから優勝できたのです。

堀内野球をみればわかるように、補強をするだけが強くなるわけでありません。采配やチームバランスを考えて、巨人を立て直してほしいです。3年監督をやった由伸がこれから建て直しができるのか、疑問です。