【早稲田実業】野村大樹がドラフトへ進路!本命はソフトバンク?

こんにちは、ヨシラバーです。

早稲田実業高校に進学すれば早稲田大学へ進学するものだと思っていました。

特例としては、去年の清宮でしたが、今年の野村もプロ入り希望届をだしました。

その背景には何があったのでしょうか。

野村大樹のプロフィールは?

名前:野村大樹(のむら だいじゅ)
出身地:兵庫県宝塚市
生年月日:2000年9月10日
身長:172㎝
体重:82㎏
投打:右投げ右打ち
ポジション:捕手、三塁手
経歴:宝塚市立宝塚小学校→私立同志社中学校→早稲田実業高校

兵庫県宝塚市出身。06年夏、早実と駒大苫小牧の決勝観戦。斎藤佑樹と田中将大の投げ合いに感動。大阪・福島リトルシニアに所属し、U15日本代表。実家を離れて上京。

早実卒業も甲子園のこだわり

早稲田実業は名前の通り、早大の系属校で大学進学が「既定路線」としてある。

斎藤佑樹もそうであったように、大学へ進出することが多い。

  史上最多111本塁打を放ち、高校日本代表の四番(主将)を務めた清宮は、ある意味で「突き抜けた感」があり、プロ志望も理解できた。

 野村は同志社中から同志社大学までは約束されていた。

 ただ、野村には「甲子園」という強いこだわりがあった。甲子園を狙える野球継続と、大学までを見据えた学力向上を追求するために、早実に進学した背景があります。

つまりは、早稲田実業に進んだのは早稲田大学に進学するわけでなく、甲子園へのこだわりだったのだ。

野村大樹の早稲田実業での活躍は?

 早実・野村は1年夏から3番清宮の後の4番を任され、高校通算68本塁打の実績がある。

元々捕手だったが、今夏は三塁を守っています。ただ、身長172センチ、82キロとプロ野球選手になるならば決して大きな体ではありません。

ただ、「ミート力、パンチ力は超高校級」というのがネット裏のスカウトの一致した見方がおおいです。

野村大樹がプロ入り決断!

野村は「大学かプロかを決めるときに、小さい頃からの夢だったプロに行きたい気持ちが強くなった。自分を必要としてくれる球団であればどこでもお世話になりたいです」とコメントしています。

野村大樹の入団は王監督のソフトバンク?

とにかく王監督が野村の獲得に熱心でプロ入りを決意したそうです。

「球団会長の王さんがいたく野村にご執心だというのです。あの長打力は捨てがたいとね。いまのソフトバンクに自分の後輩となる早実出身の選手がいないことも背景にはあるのでしょう。

 スカウトには早実出身の選手を取って欲しいという要望が出ていて、担当外のスカウトがわざわざ野村の打撃をチェックしに出向いたという話もあるくらい。野村サイドにはおそらく、ドラフトで指名するという意思が伝わっているんじゃないか。でなければ早大をソデにしてまで、早々とプロ入りの意思を固めるはずがありません。プロ入りは早大を卒業してからでも遅くないし、両親も教育熱心だといいますから」

早実の生徒はほぼ100%に近い割合で、早大に進学できる。 昨年、プロ志望届を提出すればドラフト1位指名が確実視された清宮幸太郎(現日本ハム)ですら早大進学かプロ入りか、最後まで悩んだ。昨秋のリーグ戦で…

まとめ

超大物スラッガーの清宮は早稲田実業時代は4番バッターでなく、野村がうっていたんですよね。身長が高くないのがきにはなりますが、西武の森をみているとパンチ力さえあればホームランをうてるとわかりますね。

今後が期待です。