【東洋大】梅津晃大のドラフト2018は?仙台育英の甲子園は!

こんにちは、ヨシラバーです。

梅津 晃大が東洋大学のドラフト上位候補です。高校時代は仙台育英であり、上林などプロになる選手も多く、黄金時代となりました。

プロとしてドラフト上位は確実ですが、これまでどのような成績を残してきたのでしょうか。

梅津 晃大のプロフィール

名前:梅津 晃大
生年月日:1996年10月24日
出身:福島県福島市
身長:187cm
体重:92kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:投手
家族:両親、兄、妹
経歴:南大泉小学校→秀光中学校→仙台育英高校→東洋大学

梅津 晃大の少年時代

梅津 晃大は、小学2年時から軟式野球を始めました。
中学は、私立秀光中学校に進学し、軟式野球部に所属し、プレーしてしています。

梅津 晃大の仙台育英時代

 仙台育英では、梅津投手の1学年上には、上林誠知選手(福岡ソフトバンクホークス)、熊谷敬宥選手(阪神タイガース)、馬場皐輔投手(阪神タイガース)がいます。
1学年下には、平沢大河選手(千葉ロッテマリーンズ)、佐藤世那投手(オリックス・バファローズ)がいました。

梅津投手は、高2年春から背番号11で控え投手となり、2年春に行われたセンバツ大会にもベンチ入りです。

高校3年の6月に左手首に死球を受け、骨折するアクシデントに見舞われましたが、1ヶ月で復活
3年夏の宮城県大会は、エースとして力投を続けますが、4回戦で東北学院に延長13回3対4で敗れてしまい、仙台育英としては12年ぶりに県ベスト8を逃すという結果になりました。

梅津 晃大の東洋大学での成績は?

 東洋大進学後は1年春から2部ベンチ入りします。リリーフとしてリーグ戦2試合に起用され、計4回で4四死球、防御率4.50の実績を残します。

そして、80キロ弱だった体重を92キロに増やし、3年8月の法大戦で最速153キロを計測、3年秋のリーグ戦4試合に先発救援で登板し、全戦で150キロ以上(最速152キロ)をマークした。

4年春の開幕・中大2回戦で153キロを投げたていますが、怪我をしてしまい、負けが続いています。
全国大会には4年春の選手権初戦・九産戦に0-3の3回裏1死満塁から登板。

成績は下記のとおりです。

15年春:2試合、0勝0敗、4回、防御率4.50

15年秋~17年春:登板なし

17年秋:4試合、0勝1敗、防御率2.70(10回、奪三振11、四死球4)

18年春:1試合、0勝1敗、防御率0.00(7回0失点、7奪三振、2四球)

梅津 晃大の球速・球種・ピッチングスタイルは?

ノーワインドからタメて重心を下げ、インステップ気味に着地し、ヒジを柔らかく使った腕の振りから投げ下ろす最速153キロ、常時140キロ前後から150キロ前後の威力のある直球と、
 スライダーにフォークとスローカーブを操るマジシャンみたいなピッチャーです。

梅津 晃大のドラフトは?巨人・中日

巨人や中日が注目しているといいます。

中日・正津スカウト|18/9/6
 「久々の実戦でうまくまとめてきた。良い時はもっと球速が出る」
巨人・吉武スカウト|18/9/6
 「オープン戦2試合に比べて腕も振れて、まとまっていた。ケガをする前と同じくらいになってきた」

まとめ

東洋大学の3人衆の一人である梅津 晃大はドラフトで上位で指名されると思いますが、どこの球団になるでしょうか。