【ベイスタース】筒香 嘉智の横浜高校時代の成績は?松井秀喜と比較された

こんにちは、ヨシラバーです。

甲子園が始まりますね。横浜高校は、3年連続18回目の甲子園に出場となっています。卒業生では、ピッチャーでは松坂が有名ですが、バッターでは筒香 嘉智ですよね。

高校時代の活躍をみてみましょう。

筒香 嘉智のプロフィールは?

出身地 和歌山県橋本市
生年月日 1991年11月26日
身長 185 cm
体重 97 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手、内野手
プロ入り 2009年 ドラフト1位
初出場 2010年10月5日
年俸 3億5,000万円

筒香 嘉智の横浜高校時代

横浜高校へは自ら志願

 甲子園で横浜高等学校の試合を観て感激し、自ら横浜高校に連絡して入学と野球部入部を志願したそうです。

横浜高校1年生

 セレクションにて柵越えを連発して合格、進学し、名門横浜高校で1年春から4番に座ることになりました。

 横浜高校では、1年生での4番は紀田彰一(元横浜)以来とのこと。

夏は神奈川大会準決勝・東海大相模戦で、同校の菅野智之(現・巨人)で対戦していますが、敗北しています。

横浜高校2年生

2年夏に第90回全国高等学校野球選手権大会に出場し、初戦の浦和学院高等学校戦では先制本塁打。準々決勝の聖光学院高等学校戦では満塁弾を含む2打席連続本塁打を放ち、1試合個人最多タイとなる8打点を挙げる。準決勝で大阪桐蔭高等学校に敗れた。

この大会では打率.526・3本塁打・14打点の活躍で4強入りに貢献しました。

横浜高校3年生

3年春の花巻東高等学校との練習試合では、4回の攻撃時に菊池雄星から特大ソロ(高校通算55本目)を放っている。しかも数日前から体調を崩し、当日の朝であっても39度の高熱が下がらないにもかかわらず、監督に出場を志願していた

筒香は横浜高校時代、故障があって、50試合くらいに欠場しています。それなのに、高校通算本塁打数は、69本でした。

松井秀喜と比較された筒香 嘉智

2009年に行われたドラフト会議で横浜ベイスターズから1位指名を受けた筒香嘉智の背番号は、松井秀喜と同じ55です。松井秀喜も自分よりもスイングが強く、タッチが柔らかい。逆方向にも打てると話していました。

まとめ

見た目からしていかにもホームランバッターである筒香は、松井秀喜と比較されるほどの逸材でしたね。まだまだ若いですし、さらなるブレイクを見てみたいです。