【元巨人】辻内崇伸はなぜプロで活躍できなかった?大阪桐蔭高校時代は剛速球左腕

こんにちは、ヨシラバーです。

辻内といえば、甲子園やドラフトで騒がれ、鳴り物入りで巨人に入団したのですが、プロでは活躍ができず引退となっていしまいました。

何が原因だったのでしょうか。

辻内 崇伸のプロフィール

出身地 奈良県磯城郡川西町
生年月日 1987年12月5日
身長 185 cm
体重 88 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 高校生ドラフト1巡目

大阪桐蔭時代の辻内 崇伸は?

 大阪桐蔭高校3年時、夏の甲子園1回戦の春日部共栄戦で152キロをマーク。一気に注目を浴びる。2回戦の藤代戦では当時の大会タイ記録となる19奪三振を記録。同校をベスト4へ導く原動力になりました。

四番は中日ドラゴンズの平田、そして日ハムの中田翔がいるチームでした。

辻内 崇伸はドラフトで目玉選手だった

 2005年のドラフトでは大物選手には珍しい「12球団OK」という発言もあって、当初は多くの球団が名乗りを上げ激しい争奪戦が予想された。しかし粗削りな点や、抽選を外した場合のリスクを嫌った球団が次々と回避した事もあり、読売ジャイアンツとオリックス・バファローズの2球団のみの競合となりました。

実は巨人ファンだった

 直後の会見で辻内は硬い表情で「オリックスさんは素晴らしい球団」とオリックスからの指名受諾を表明。だが、

 異例のやり直しとなった会見では笑顔で「小さい頃から巨人が好きだったんで…」と語り、詰め掛けた関係者や報道陣からも笑みがこぼれた。

監督の原辰徳を始め首脳陣も辻内への期待を寄せていました。

なぜ、辻内 崇伸はプロ野球で活躍することができなかった?

怪我との闘い

2月9日に左肘痛で精密検査の結果、内側側副靭帯の断裂と診断され、4月26日に手術を受け成功したが、手術の特性上再建した靭帯の定着に非常に時間がかかるものでした。

2009年は二軍で先発ローテーションの一角に入って7勝を挙げ、規定投球回には達しなかったが防御率2.69と自己最高の成績を残しましたが、肩の調子が上がらずでした。

晩年には、腕が上がらなくなる状態に陥ったため別メニューでの調整が続いていたが、痛みの原因となっている遊離軟骨を内視鏡で除去する関節クリーニング手術を受けています。

辻内がクビを意識したのは2013年だった

下記のコメントを残しています。

2013年は、試合で投げたのがシーズンの最後の方だったんです。それで128~129(キロ)しか出なくて。これが限界なんやと思いました。それまではしつこくプロ野球選手でいたいと思っていました。でも128とか129というのは自分のなかでも衝撃で、『これはもうプロ野球選手ちゃうな』というのがありました。もうしょうがないなと」

まとめ

当時、高校生で左で152キロ投げる選手はおらず、大注目だったのですが、無理な投球方法だったのでしょうか。高校時代がピークであり、プロで128キロしかなげられなかった辻内は絶望的な気分だったでしょう。

怪我をしないのが大物の証拠といいますが、活躍ができず残念でありません