中日立浪和義はなぜ監督になれないのか?落合との確執?

こんにちは、ヨシラバーです。

中日ドラゴンズは森監督の続投が白紙となりました。

 次期監督候補として期待が寄せられる上、本人も著書にて将来的に中日で監督を務めることに意欲を示している一方、白井文吾オーナーや落合博満GMとの不仲説や後述の「黒い噂」が監督就任を妨げているといわれています。

立浪和義のプロフィールは?

出身地 大阪府
生年月日 1969年8月19日
身長 173 cm
体重 70 kg
投球・打撃 右投左打
守備位置 二塁手、三塁手、遊撃手、外野手
プロ入り 1987年ドラフト1位

表彰

・1988年新人王
・ベストナイン:2回
・ゴールデングラブ賞:5回
・月間MVP:3回
・全農Go・Go賞:1回

森監督の続投は白紙!立浪にもチャンスがあるのか?

中日の白井文吾オーナー(90)が来季の監督人事が白紙であると激白ました。

  「来年の構想だろ。きょうは20日だから、ぼつぼつ考えんとな」と前置きした上で、来季が事実上の3年契約の最終年である森監督の続投について「それは非常に言いにくいね」と白紙に戻しています。

 後半戦に入り、29試合で11勝18敗と失速。最下位に転落し、3位・巨人とのゲーム差が5・5まで開いています。

 目標に掲げていたCS進出が厳しくなったことに加え、指揮官の采配を疑問視する球団へのクレーム電話も急増していることから、方針転換したようです。

中日ドラゴンズで立浪和義氏は監督候補になるのか?黒い噂が

挙がってしかるべきなのですが、立浪氏は09年の現役引退後は球団から距離を置かれています。それは、たびたび暴力団関係者との“黒い交際”が取り沙汰されるからとの話です。

立浪と落合博満は仲が悪いのか?

 2006年シーズンから立浪と森野がレギュラー争いとなり、オープン戦最初がいきなり9番DHとなりました。

また、森野の骨折でレギュラー確保となったが、東出の盗塁がスライディングしていないのに空タッチとなってレギュラー剥奪します。

翌年には育成選手として中村紀が加入をしたことにが、決定打となったようです。

ただ、落合博満は2016年12月20日、球団は契約切れとなる2017年1月限りで退任すると発表しています。

 2018年からはベースボールタレントとして活動も再開しているのです。

中日ドラゴンズか経営状態が悪く生え抜きの立浪を監督にしたい

中日はかなり経営状態が厳しく、ドームに客入らないし、グッズも売れないし、お手上げ状態であることから、中日球団の幹部の一部には監督に立浪を推す声がなくもないらしいです。

松坂が入団して、ドームのお客も増えたしたが、松坂にしても岩瀬にしても早晩引退するのでまた観客が減るのは目に見えています。

まとめ

掛布であり、衣笠であり球団で現役時代では顔だった人間がなぜか監督になれない事情があります。ファンにとっては立浪監督をみたいのは間違いないのですが、何かしらの問題があるのでしょうね。

野球も人間関係が大切だとわかります。