【巨人】澤村拓一の佐野日大高校時代や中央大学での活躍は?線が細かった

こんにちは、ヨシラバーです。

高校時代では有名ではなく、無名な選手が巨人のドラフト一位にまで指定されるのは異例ですよね。大学時代にはどれだけ活躍したのでしょうか

気になりますね。

澤村拓一のプロフィールは?

出身地 栃木県栃木市
生年月日 1988年4月3日
身長
体重 184 cm
102 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト1位
初出場 2011年4月15日
年俸 1億5,000万円(2018年)
経歴
佐野日本大学高等学校
中央大学
読売ジャイアンツ (2011 – )

澤村の佐野日大時代は?線が細く筋肉ではなかった。

佐野日大高校時代は3番手投手として夏を迎え、登板機会がないまま県大会決勝で敗退しました。

佐野日大高校では背番号「9」の3番手投手でした。
高校3年生の夏の大会では、なんと1度も登板することなく野球を終えています。高校3年生の春はエースだっただけに悔しい高校生活に違いなかったと思います。

原因は制球難にあったとも言われています。
高校時代からストーレートは140km代を計測していたようです。

ただ、澤村を知る人は今の体格をみて、下記のように話します。

「よっぽどトレーニングを積んでいるんだなと感心しましたね。高校のときは線が細かった。体格も投げるボールも、大学4年間で本当に変わりました。全くの別人ですよ」

184cm、90kgの体格を誇る澤村だが、高校入学当時は、身長は今と変わらないものの、体重は73kgと細身でした。

澤村の中央大学時代は?

東海大学も受験して両校に合格したが、先に合格通知が届いた中央大学(商学部)への進学を決めました。

大学進学後、2年秋には東都大学1部リーグ初先発・初勝利を完封で飾りエースへ成長します。

2009年の第37回日米大学野球選手権大会日本代表・第25回アジア野球選手権大会日本代表に選出されます

3年秋のリーグ戦の青山学院大学戦の初回に、神宮での大学生歴代最速となる最速156km/hをマークします

中央大進学後は筋力強化に取り組み、150キロを超える速球派ピッチャーとして台頭。

11月22日のU-26 NPB選抜 対 大学日本代表に出場し、3回裏に1イニングを投げ、坂本勇人を直球で見逃し三振に仕留めるなど無失点に抑えました。

4年春には東洋大学戦で大学生歴代トップ(当時)を更新する最速157km/hをマークするなどの活躍で最優秀投手賞を受賞した。

リーグ戦終了後には世界大学野球選手権大会の日本代表に選出されたが、故障のため出場は辞退した。東都大学1部リーグ通算41試合に登板し1914敗、防御率1.31266奪三振。2部リーグで72

巨人からドラフト1位で指名されるほどまでに進化を遂げた。

まとめ

華の88年時代でマー君やハンカチ王子など華やかな選手が多い中で澤村を巨人が指名したのは違和感を感じました。

大学時代の絶え間ない努力があったのですね。

筋肉もつけて、変革をおこしました。

ただ、筋肉が原因で制球力が落ちているので、筋肉のせいであれば何とかしてほしいですね。