【元近鉄】佐野慈紀(佐野重樹)の現在は?野茂英雄との関係?

気になるツイートが目に入りました。佐野重樹さんと野茂英雄さんといえば野球選手の2人ですよね・・・。二ュースで報じられていませんし同姓同名という可能性もありますが、2人は親友でもあったはず。佐野重樹さんの現在は?

続報がありました。約2500万円を借用していたそうです。

前回の記事に書いたように、9月13日(木)に任天堂とコロプラの特許訴訟の取材に東京地裁を訪れたら、思いがけず「13:30 民事第4部 貸金返還請求事件第1回弁論 原告・野茂英雄 被告・佐野重樹 405号法廷」という裁判を見つけてしまった。 私は本来の目的も忘れて「超見てー。野茂って、あのトルネード投法で近鉄・ドジャース...

佐野さんも認めました。

元メジャーリーガーの野茂英雄(50)が近鉄バファローズ時代のチームメイト、佐野慈紀(50)に対し借金の返済訴訟を起こしていたことが「週刊文春」の取材で分かった。「日本球界で敵の多かった野茂にとって、親…

佐野慈紀さんとは?

佐野さんといえばタレント性の高さと特徴のある外見でタレント転身を勧められていました。中継ぎ投手初の1億円プレーヤーとして野球でも有名でしたよ!

プロフィール

近大から近鉄、晩年はオリックスという経歴から大阪人みを感じますが愛媛県出身。

名前 佐野慈紀(本名佐野重樹、さのしげき)
出身地 愛媛県松山市
生年月日 1968年4月30日(50歳)
身長 体重 175 cm 87 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴 松山商業高→近大→近鉄→中日→パイオニアーズ→オリックス

タイトル・表彰は?

意外とタイトルは保持していません。

月間MVP (1994)

佐野慈紀の現在は?

現在は野球評論家・講演活動・石川ミリオンスターズの取締役として活躍されています。サンスポさんで「ピッカリ診断」というコラムを執筆しています。

 (セ・リーグ、DeNA6x-4阪神=延長十回、21回戦、阪神15勝6敗、17日、横浜)本来のドリスとはほど遠い投球だった。四球を怖がりストライクを取りにいったフォークが甘く入ってのサヨナラ弾。同じやられるにしても、かなり心配な打たれ方だ。

こちらから講演も依頼できるようです。研修によいかもしれませんね!!

まずは講演のプロ、(株)ぺルソンへ無料相談!電話、メールでのご連絡はお気軽に。講師・佐野慈紀のプロフィールや講演情報をご紹介。講師紹介なら講演依頼.com。講師派遣や講演会に関するご相談にも対応。

佐野慈紀のエピソード

パリーグということであまり私自身試合は見てませんが、そのキャラクターは衝撃でした。

髪形由来のあだ名・自虐ネタ

あだ名が「ハゲ魔人」と自身の外見を積極的に笑いのネタと昇華していました。髪の毛が薄い人が自虐する風潮は佐野さんからなのかもしれません。

「♪ハゲ、ハゲ、ハゲ・ハゲ・シゲ~ みんなで歌おう ハゲ・ハゲ・シゲ」
「カツラ業界の皆さん、ドラフト1位でどうですか?」
「アルシンドになってるよー!」
「男はオオカミ 俺は少髪(しょうかみ)」

ピッカリ投法

からわざと帽子を落として投球するスタイルで人気を博しました。特徴的な髪形から「ピッカリ投法」「ピッカリ牽制」と名付けられました。

 昨年“ハゲ5人衆”で話題を呼んだ、ドリームマッチお約束芸がさらに進化した。 6回だ。ヒーローズ7番手に佐野慈紀(50)がコールされるとスタンドからはどよめきが。ピンクの派手なグラブを掲げた選手がマウンドに上がるが、帽子【野球】

佐野慈紀と野茂英雄の関係は親友

近鉄の同僚、同級生ということもあり野茂の親友でした。

2時間の熱い説教

野茂「オマエ、それでええんか?」

ある日、毎晩のように夜の街に繰り出していた佐野が野茂に呼び出された言葉です。強いチームを目指す野茂は、佐野の行動が効果的でないと判断したのだろう。説教は2時間に及んだそうです。

1年目から活躍し、6年目のオフには中継ぎ投手として史上初の1億円プレーヤーとなった佐野慈紀。順風満帆に見えた野球人生は、この年をピークに転落していく――。

野茂「飛ばしたらええねん」

ピッカリ投法の生みの親は野茂?「飛ばしたらええねん」というアドバイスでこの投球が生まれました。

映画「ガチ星」の「戦力外ナイト」と題したトークイベントが5月15日、都内で行われ、江口カン監督、主演の安部賢一に加え、プロ野球・近鉄などで活躍した佐野慈紀、元横浜(現DeNA)の高森勇旗が出席した。戦力外通告を受けたプロ野球選手が、崖っぷち

まとめ

次回のレジェンドマッチでもあの投球がみられるのでしょうか。

マスコミで報道していないのが気になる…