【楽天】田中和基が新人王2018へ!イケメンで彼女は?

こんにちは、ヨシラバーです。

楽天の田中 和基ですが、シーズン前には期待をしなかった成績を残しており、新人王にも輝きそうです。

池山コーチと大谷翔平のノーステップ打法を取り入れたことが、活躍に繋がっているようですね。

田中 和基のプロフィールは?

出身地 福岡県福岡市
生年月日 1994年8月8日(24歳)
身長 181 cm
体重 75 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手
プロ入り 2016年 ドラフト3位
初出場 2017年5月17日
年俸 1,300万円(2018年)

田中 和基の西南高校時代や立教学園時代は?

西南学園時代

西南学院高校進学後、両打ちの捕手として右打席で10本、左打席で8本、通算18本の本塁打を放っています。

西南学院は、野球では毎年1回戦負けが当たり前の無名校です。偏差値70超の高校でかなり頭の高校なのです。

 3年の夏は福岡県大会3回戦で福岡大学附属大濠高校に敗れた。

高校時代は甲子園に行くこともなくプロに注目を浴びる選手ではありませんでした。

立教大学時代は

  硬式野球部での生活を、四軍扱いからスタートします。

 東京六大学野球リーグ戦へのベンチ入りを許されたのは、2年時の夏になってからでした。

 2年の秋季リーグ戦では、左翼手のレギュラーの座を確保い、打撃面でも、左打ちに専念すると、打率.302、2本塁打を記録します。

 3年時には、秋季リーグ戦では規定打席不足ながら打率.353を記録しまうs。

在学中には、リーグ戦で通算59試合に出場。打率.270(185打数50安打)、9本塁打、28打点、16盗塁という成績を残しました。

東北楽天が3位で指名します。

田中 和基の2018年の活躍は?池山隆寛よりノーステップ打法を取り入れる

 1軍で開幕を迎えるものの、4月5日に出場選手登録を抹消されてしまいます。

 イースタン・リーグでも打率が1割台前半にまで低迷していたため、池山隆寛二軍監督の勧めで大谷翔平を参考にしたノーステップ打法を導入しました。

 オコエ瑠偉の故障を機に5月23日から一軍へ復帰すると、6月18日までに2試合連続を含むチーム日本人トップタイの4本塁打、8盗塁を記録したほか、5月26日から6月8日にかけて11試合連続安打を記録します。

田中 和基の2018年の成績は新人王候補

104試合に出場。18本塁打、21盗塁、打率2割6分5厘で新人王の有力候補です。

18本塁打はチーム2位で、日本人トップ。過去にシーズン18本塁打以上を打った楽天の日本人選手は、6度記録した山崎武司だけで、生え抜きではすでに球団史上最多となっています。

侍ジャパンメンバーにリストアップされています。

田中 和基はイケメンで彼女は?

田中はなかなかのイケメンであり、女性ファンが多いです。
ただ、彼女の存在も気になりますが、情報は見つかりませんでした

まとめ

足も速いですし、楽天のスターティングメンバーのなかでも華があります。今後の期待が多いですね。