【元巨人】マイコラスがカージナルスで活躍!日本での経験がプラスになった!

2018/07/19発売の週刊ベースボールは外国人選手特集ですね。その中で現在カージナルで活躍中で産休を取得中!元巨人のマイコラス選手の特集が2ページにも渡って掲載されていました。

こんにちは、管理人のよしです。 マイコラスが巨人が離れて先発陣が崩壊しそうなかんじですが、本人はメジャーでは大活躍です。困惑しておりますが...

マイコラスが日本に来るまで

現在メジャーで大活躍のマイコラスですが、なぜ日本に来たのでしょうか。来日したのは2015年のことでした。2009年に高卒枠でパドレスに7巡目で指名されたマイコラスですが、メジャー昇格は2012年で、昇格した後も登板機会にめぐまれませんでした。そんな中2014年に移籍したレンジャーズのチームメイトのコルビールイスから、広島に在籍していた頃の話をきき日本に興味を持っていたそうです。2014年のオフに巨人のスカウトから連絡があり契約に至ったそうです。日本に来た理由は奥様との話し合いで「アドベンチャーではあるが、世界の全く違う場所で色々な経験をすることで、お互いをより良く知ることができるのではという結論に至った」と語っています。

マイコラスの巨人での思い出

巨人に移籍してから3年間先発ローテ投手として62試合に登板。マイコラスはこう語っています。

メンタル面が鍛えられた

「日本で成長できたのはまずメンタル面。先発の座が保証されているので目先の結果にこだわらずチームのためにどうすれば一番貢献できるのか考えた。マウンド上だけではなく生活も含めて全てにおいて自身をコントロールする術を学んだ」

ピッチングの引き出しが増えた

「日本の打者はしっかりバットに当てて来る。抑えるために変化球を駆使するなどピッチングの引き出しを増やした。バントや盗塁なども使ってくるからフィールディングやけん制も上手くなった」

まとめ

産休に入っているマイコラス。今回の取材では小林の名前が出て来ませんでしたが、どう感じているのでしょうか。また巨人に戻ってきてください!!