中村紀洋はユーチューバー(youtuber)!阪神梅野も覚醒 !

2018/07/17の巨人対阪神戦は9回裏ツーアウト満塁。梅野があと数10センチ高ければホームランでサヨナラ勝ちされてしまうのではないかとヒヤヒヤしました。亀井よく取りましたね

ところでこの阪神の梅野選手ですが、ある動画を視聴したことを機に打撃が好調になったと言われています。あの中村紀洋氏のYouTube動画です。

中村紀洋氏とは?

プロフィール

中村紀洋は、1973年生まれ。大阪府大阪市東淀川区出身の元プロ野球選手、アマチュア野球指導者。浜松開誠館高等学校硬式野球部非常勤コーチ。2013年に日本プロ野球名球会の会員となっている。愛称は「ノリ」。 2014年に横浜DeNAベイスターズを退団後は事実上の引退状態にある。

実績は超一流

「和製大砲」と呼ばれていました。近鉄からプロ人生が始まり、その後メジャーリーグのドジャースに行った後、オリックス、中日、楽天、最後は横浜と球団を渡り歩いてきました。日米通算2,101安打、404本塁打、ゴールデングラブ賞7回受賞(三塁手最多)。オリンピック出場経験もあり、2001年の近鉄優勝にも貢献。

イチローにアドバイス?

イチローとは1973年生まれ、ドラフト91年入団、ドラフト4位、メジャーを経験しているなど共通点があります。イースタンリーグの試合でお手洗いが一緒になった際に「足をあげて振ってみたら」とアドバイスしたそうです。振り子打法の誕生に一役かったのかもと本人は語っています。

破天荒な性格

金遣いが非常に荒く、自身や夫人が述べた話によると、食事代や交際費に高額を費やし、税金が払えないため保険を解約したことがあるそうです。清原和博の大ファンだったそうですが、ノリの方が破天荒ですね。

巨人入りの可能性もあった

「中村紀洋というブランドを近鉄で終わらせていいのか」という名言で2002年にFAを取得したノリ。最初に手を挙げたのは松井秀喜のメジャー入りで補強が必要だった巨人。4年総額30億円を提示。しかしペタジーニの加入とモヒカン頭を黒髪にしない事が仇となりで白紙になってしまいました。

YouTuber 中村紀洋

何故YouTube?

2018年7月2日から、野球人生で培った野球理論(N’s method)を伝達するためにYoutubeチャンネルを開設。中村氏は現役時代より、他の人へ教えることを意識しながらプレーしていたそうです。野球の指導は文章では伝わりにくい部分も動画で見ればわかりやすいからYouTubeというメディアが魅力的だと思ったとか。

・合わせて読みたい→本塁打は誰でも打てる中村紀洋が「コンパクト打法」に警鐘()動...

分かりやすく高評価

現在高校生の指導を行っている事もあり、「ボールの握り方」「バッティングフォーム修正」など初心者にも分かりやすいコンテンツになっています。

阪神タイガースの平野コーチも活用

阪神の梅野選手の打撃が好調になったのは平野コーチが見せた1本の動画がヒントになったそうです。打率1割台に低迷していた5月末、タブレットでYouTubeを見せられて打撃フォームを改善。実戦に取り入れ始めた6月以降は、48打数13安打の打率.271と成績は上昇したそうです。K岡コーチより有能かも?と一部のファンからも言われています。

 阪神梅野隆太郎捕手(27)に、山賊打線に学んだ「初球攻撃」について聞く。交流戦期間で対戦した際に獅子打線の超積極的な攻撃を目の当たりにし、それを自ら体現して… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

まとめ

確かに分かりやすい動画でした。元野球選手のYouTuberが誕生してもおかしくない時代ですね。