【巨人】老川祥一オーナーが電撃辞任!人柄や経歴は?

巨人の老川祥一オーナーが辞任を発表しましたね。SNS騒動や窃盗事件などで不祥事が相次ぎ今回の辞任となったようです。どんな方だったのでしょうか。坂本勇人が同じ日に怪我により登録を抹消されているので、坂本が不祥事を起こしたのか?と勘違いしている方も多いですね。何故この日なんでしょう。。

 巨人が17日、緊急会見を行い、老川祥一オーナー(76)の辞任を発表した。

老川オーナーとは?

プロフィール

名前 老川 祥一(おいかわしょういち)

現役職 読売新聞グループ本社最高顧問、読売巨人軍7代目オーナー

経歴 早稲田大学政治経済学部→読売新聞社。記者として盛岡支局、政治部、アメリカ合衆国ワシントン支局で活動。すぐに自筆の手紙を送る筆まめな性格で知られる。

前オーナーは?

白石興二郎さんと言う読売新聞社出身の方がオーナーでした。2015年に発生した野球賭博事件の責任を取って、桃井恒和会長、渡辺恒雄最高顧問らとともに2016年に辞任しました。今回も同じような理由ですよね。

GMとの違いは?

GMの発言が報道されるので勘違いしやすいですが、オーナーは球団のトップなので偉いのはオーナーです。GMはGeneral Manegerの略で球団の人事部門の事実上トップ。球団によっては編成部長、球団本部長などともいわれています。

他の責任者の処遇は?

石井一夫社長は自身の役員報酬10%、2カ月の自主返納。鹿取GMの契約書に基づく報酬の10%、1カ月の自主返納などの処分を決めたそうです。

これまでの発言

就任当時は野球はど素人だったと言われていましたが、特に若手に対する発言を見るときちんと見てくれている印象はありました。

岡本ら若手の躍進を評価

今月6日。巨人・高橋由伸監督(43)が東京・大手町の読売新聞東京本社を訪れ、渡辺恒雄・読売新聞グループ本社代表取締役・主筆(92)、老川祥一オーナー(76)らに…

マギーの活躍を評価

巨人は22日、リーグ戦再開となるヤクルト戦(東京ドーム)に8-5で勝ち、借金2ながら2位に浮上した。マギーが初回の先制適時打を含む4安打の活躍をみせると、長野が…

上原「大いに期待」

www.sanspo.com/smp/baseball/news/20180309/gia18030905050002-s.html

鍬原「よくやった」

 巨人・老川オーナーが日本ハム戦を観戦した。 プロ初登板初先発ながら堂々たる投球を披露したドラフト1位右腕の鍬原について「よくやったと思います。厳しい状況でもしっかり投げきって。初登板にしては上出来だったんじゃないか」と【巨人】

キャンプを視察しての発言

 巨人の老川オーナー、石井球団社長が2日連続で宮崎秋季キャンプを視察。 老川オーナーは「ここに参加している選手が来年、1人でも多くレギュラーとして活躍することを期待している」と話した。続けて、オフの補強についても言及。「【巨人】

まとめ

老川さんの発言は温かみがあって好きでした。プライベートな事なので球団の責任はどこまであったのかは疑問ですが、次のオーナーの方も同じような事でまた辞任しないで欲しいですね。