【阪神】馬場 皐輔の評価は?2軍の活躍は!虎の背番号18

こんにちは、yoshiloverです。

阪神ドラフト1位の馬場、一日一日力を付けているのがわかります。背番号は18のエースナンバーであり、期待も大。

阪神のエースになる日も違いのではないでしょうか。

馬場 皐輔のプロフィールは?

国籍 日本の旗 日本
出身地 塩竈市
生年月日 1995年5月18日(
身長
体重 180 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2017年 ドラフト1位

仙台育英高校時代

3年春の先発甲子園では、3回戦の早稲田実業高校戦に先発し、7回1失点の好投でチームを勝利します。和田恋を擁する高知高校との準々決勝では、6回からリリーフでマウンドに上がり、4回1安打無失点に抑えたが、0―2で敗れてしまいました。

3年夏の甲子園では、2回戦では、常総学院高校に1―4のスコアで敗れてしまいました。

仙台大学時代

1年時から救援投手として防御率0.93を記録し、チームの67季振りリーグ優勝に貢献しました。エースとして臨んだ4年時の秋季リーグ戦では、通算投球イニング37回で、5勝0敗、60奪三振、防御率0.49、奪三振率14.59という好成績です。リーグ戦通算で32試合167回2/3に登板、15勝6敗、206奪三振、防御率1.34を記録した。

馬場皐輔の評価は?

 最速155キロを誇り、キレのある球というよりは、強く重い球を持ち味としています。

 スライダー、フォーク、スプリットを操り、他にも4種類ほどの変化球を投げれます。

 180cm・体重90kgという体格から、メディア上では「豪腕(剛腕)投手」と表現されることもありますが、自分では変化球ピッチャーと話しています。

2軍での成績もよく1軍に

沖縄・宜野座キャンプでは一軍スタートも、オープン戦に入ってファーム落ち。その後、ウエスタン戦では好成績を残してきました。6月21日のオリックス戦(甲子園)で初登板初先発でプロデビューし、最速147キロの真っすぐと多彩な変化球を軸に、気迫を前面に押し出した投球を披露しています。

フレッシュ球宴でも好投

MVPを取った清宮を空振り三振に打ちとるなど、1イニングを3者凡退に抑える完全投球でした。「普通の試合より緊張するマウンドだったので、心の部分では経験を乗り越えられることができたので、また成長できたと思う」と振り返っています。

清宮を三振にとったことで知名度も上がっていますね。

また、フレッシュオールスターは宮城で行われました。

宮城・塩釜市出身で、仙台育英、仙台大とプロ入りするまで宮城で育ったので、「東北で試合をやるのは自分の中でも違う部分もあったので。楽しんで投げられました。勢いをしっかり後半戦に乗っけて投げられたらと思います。1軍で投げられるように頑張ります」

と改めて地元のために活躍を誓いました。

まとめ

阪神は、清宮幸太郎と安田尚憲を1巡目で指名しながら他球団との指名重複による抽選で独占交渉権を逃しており、3回目の抽選に臨んだ結果、阪神が馬場との独占交渉権を獲得したのです。

そのような結果ではありますが、ドラフト1位であります。期待に応えてもらわなきゃなですね。