【巨人】ヤングマンの嫁は?親日家であり後半戦の期待大!

こんにちはヨシラバーです。

身長198センチの長身から急角度で投げ下ろす、最速147キロのストレートに、ナナメに鋭く割れる110キロ台のカーブを織り交せる、巨人後半戦期待のヤングマンの話題です。

ヤングマンのプロフィールは?

国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州テンプル
生年月日 1989年12月18日
身長
体重 198 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト1巡目(全体12位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名
初出場 MLB / 2015年6月9日
NPB / 2018年7月1日
年俸 8,630万円(2018年)

全米ドラフト1位で、メジャーリーグ、ミルウォーキー・ブルワーズに入団した経歴を持つヤングマン。

ヤングマンの経歴は?

ジョージタウン高等学校
テキサス大学オースティン校
ミルウォーキー・ブルワーズ (2015 – 2017)
読売ジャイアンツ (2018 – )

なぜ巨人に来たのか?

2015年には先発で9勝を挙げた実力者ですが、巨人からのオファーを受けて

「アメリカにいても、今年はマイナー暮らしになる可能性が高い。だったら、日本で勝負したい」

と来日を決意したそうです。

2軍での生活でのヤングマンは?親日

とにかく、日本で活躍がした常々話していたようです。

「僕は大丈夫だ。アメリカでもマイナー落ちを何度も経験したし、いつ上がれるかがわからない中で自分のベストの状態を作り続けることにも慣れている。とにかく僕は日本で成功したいから、そのためにベストを尽くす」

ヤングマン一軍昇格

二軍で72敗防御率1.43の好成績を残しながらも外国人枠の関係で昇格できなかったが、守護神のアルキメデス・カミネロの不調により7月1日に昇格しました。

その日の中日戦に先発し8回被安打3与四球2、8奪三振無失点の好投を見せ、来日後初先発初勝利を達成した。7月8日も8安打を浴びながらも6回2失点で粘り、1日の中日戦での来日初登板に続き2連勝を飾っています。

助っ人の来日デビューから2戦2勝は球団史上18年ぶり3人目だそうですね。

ヤングマンの夫人は?

ヤングマンの妻は、ブリタニー夫人です。高校時代から11年の純愛を実らせ、去年ゴールインしました。プロポーズがロマンティックだったそうです。

故郷テキサスの、夜景が美しいスポットにブリタニーさんを連れだし、

「ちょっと向こうの景色を見ていてごらん」

と言うと、ブリタニーさんの背後に回って片ヒザをつき、

「さあ、こっちを向いて……ボクと結婚してくれないか?」

ヤングマンが差し出した手には、結婚指輪が乗っていました!

今は、東京でブリタニー夫人と、大好きなステーキやラーメンを食べ歩くのも、いい息抜きになっているようです。

夫婦そろって親日家

夫婦で親日家。日本語の勉強にも積極的で、あいさつ以外に「ガマン(我慢)」という言葉も覚えたそうです。また、日に夫婦で訪れたディズニーランドでは、スプラッシュマウンテンにはまった。「従業員がとても親切で明るくて、日本人は素晴らしいなと思ったんだ」と思い親日家になったそうです。

また、日本文化に関心があり神社巡り、寺院巡りが好き。「先輩、後輩という習慣も日本独特だね」

まとめ

昨年まで背番号39を背負っていたマイコラスはメジャーで二けた勝利を既にあげているそうです。その背番号「39」を受け継ぐヤングマンに後半戦は期待です