【巨人】篠原慎平の現在は?不適切動画で謹慎!何度も這い上がってきた男!

2018年6月13日~謹慎されていた篠原と河野の謹慎が解けて二軍の練習に参加しているそうですね。2017年に活躍し期待をされていたので今後が気になる選手ですね。

プロフィール

経歴はかなり異色で、高校中退後にプロ野球独立に入団後にジャイアンツに入団しています。

名前 篠原慎平
出身地 愛媛県四国中央市
生年月日 1990年6月13日(28歳)
身長 186㎝
体重 95 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
経歴 愛媛県立川之江高等学校→今治精華高等学校→愛媛マンダリンパイレーツ (2008 – 2012) 香川オリーブガイナーズ (2013 – 2014)→読売ジャイアンツ (2015 -)

高校時代

愛媛県立川之江高等学校に入学し1年夏に県大会4強、1年秋に四国大会8強、2年夏に県大会4強を経験するが、同校野球部の不祥事に巻き込まれる形となり野球部を退部→中退したそうです。体育会系のかわいがりに巻き込まれてしまったのかもしれません。

四国アイランドリーグ時代(愛媛→香川)

2008年高校中退後に四国独立リーグの愛媛マンダリンパイレーツ入り。1年目から公式戦登板して4勝をマーク。通信制学校に入学。5年目に退団しトライアウトを経て2013年香川に入団。2014年にチームの投手事情から主に抑えとして起用されるがこれが運命を変えた。最高153キロを記録するまでになった。このシーズンは6勝5敗10セーブ、防御率3.03の成績であった。読売ジャイアンツ(巨人)から育成ドラフト1巡目で指名される

読売ジャイアンツ時代

2015年は目立った活躍はありませんが、2016年には、イースタン・リーグ公式戦16試合に登板。2勝0敗1セーブ、防御率1.71という成績を残しました。
2017年4月16日に支配下選手契約を締結。5月19日のヤクルト戦で高木勇人が負傷し3回表から救援登板で公式戦デビューを果たし、イニングを無失点で凌いで公式戦初勝利を挙げた。NPBの球団に育成選手として入団した投手が公式戦初登板で初勝利を挙げた事例は、外国人投手を含めても史上初の快挙だったそうです。

不適切動画事件

経緯

2018年6月10日、居酒屋で裸になった篠原をチームメイトの河野元貴が撮影し篠原のInstagramアカウントに投稿する不祥事が発生。球団は不品行を禁じる球団規則に照らして6月13日付で謹慎とし、これにより、篠原と河野は球団から謹慎処分を受け、「2018年7月7日から11月30日まで間において期限を定めない」出場停止選手となった。7月8日から2軍の練習に合流しており、球団は「大いに反省して、熱心に練習して、周りに認められれば(シーズン中にも)出場停止処分は解く」としていました。公然わいせつには該当しなかったようですね。よかったです。

動画の内容は?

球団関係者は実物を見ていないそうですが、実際の映像を見た関係者は「男女のわいせつな行為を想起させる内容だった」と証言。

巨人を“微震”が襲った。篠原慎平投手(28)の酒席での不適切動画が写真週刊誌に流出。その発端が同僚の河野元貴捕手(27)というのが情けない。“捕逸”を犯したバッ…

坂本勇人も同席?

間際まで坂本勇人が同席していたことが発覚。坂本は厳重注意となったそうです。

エピソードなど

実は篠原は真面目だったという声も上がっています。お酒を飲むとテンションが上がってしまう気持ちわかります。

支配下3日で初勝利

支配下登録からわずか3日で初勝利を挙げています。過去に例がないことらしいです。

(セ・リーグ、巨人1-0ヤクルト、2回戦、巨人2勝、19日、鹿児島)救世主が現れた!!巨人は19日、ヤクルト2回戦(鹿児島)に1-0で競り勝ち、4連勝で2位に浮…

不屈の精神

高校を中退し独立リーグに入団するも一度怪我で退団するも紆余曲折を経てNPBに入団しています。初勝利のヒーローインタビューでこう語っています。「僕は1回、死んだ身だと思っています。今の僕は新しい自分なんです」。

 節目の10シーズン目を終えた四国アイランドリーグPlusから、今年は4選手が10月のドラフト会議で指名を受け、NPB行きの夢を叶えた。東京ヤクルト4位の寺田哲也(香川)と、東北楽天5位の入野貴大、中日8位の山本雅士(ともに徳島)、巨人育成1位の篠原慎平(香川)である。NPBでのさらなる飛躍が望まれる指名選手から、今回...

「いい人」と評価

野球解説者の松本秀夫が「いい人」と評しています。

『grape』は、今知ってほしい話題やニュースを厳選して紹介するウェブメディアです。

まとめ

前提として人前で裸は絶対いけませんが、お酒の席でその場の空気感にあわせてテンションが上がるのはよくある話ですよね。「僕は1回死んだ身だと思っています」と語っていましたが、これからどう活躍するのか期待しています。