【広島】會澤翼の嫁や子供は?高校時代からのお付き合い!2019年FA!

こんにちはヨシラバーです。

ひと昔前のキャッチャーはバッティングが良かったのですが、最近はそうでもないなか、會澤のバッティングの良さが広島の強さにつながっているとも考えられます。

広島の成績や高校時代の活躍はどうだったのでしょうか。

會澤 翼のプロフィールは?

出身地 茨城県日立市
生年月日 1988年4月13日(30歳)
身長 177 cm
体重  91 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手、一塁手、外野手
プロ入り 2006年 高校生ドラフト3巡目
初出場 2009年5月27日

水戸短期大学附属高時代

茨城では甲子園の常連である水戸短期大学付属に通うも、3年間で甲子園出場は無くメディアへの露出も少なかったです。ただ、プロからは一年から注目されており、2006年9月25日の高校生ドラフト会議で、広島東洋カープに3巡指名されます。高校通算35本塁打です。

広島での活躍は?

2014年に。石原慶幸の故障や捕手陣の打撃低迷もあって徐々に先発出場を増やし、3割を越える打率を維持して7月半ば以降正捕手に定着しました。自己最多の65試合出場で打率.307、OPSも.892に達する飛躍のシーズンとなりました。

 ただ、2017年までは、前年同様石原と併用される形で開幕を迎えたが、セ・パ交流戦で打率.311を記録すると以降は正捕手に定着し、最終的に自己最多の106試合出場で打率.275、OPS.729の成績を残しチームの37年ぶりのリーグ連覇に貢献、初のベストナインも受賞し、正捕手を勝ち取りました。

會澤翼の嫁は?

2011年に水戸短期大学付属高校の時から交際していた関朋美さんと結婚しました。會澤は朋美さんとは5年間交際し、結婚する1年前には同棲もしていたらしいのです。

お相手は水戸短大付時代の同級生、朋美夫人(23=水戸市内の会社役員、関義則さんの次女)で、1日に婚姻届を提出した。高校時代から交際し、昨年から広島市内で同居。「1年間一緒にいて、支えてほしいなと思いました」と、今夏にプロポーズした。

石原、倉に次ぐ第3の捕手で、今季は出場19試合止まり。「上の2人を超さなくちゃいけない。打撃でアピールします」と力を込めた。

出典元:日刊スポーツ

最近のプロ野球選手は妻が一般人だと顔を公表しない人も少なからずいますが、會澤選手は画像を公開しています。

會澤選手とのツーショット写真ですが、朋美さん本当にすごく美人な方です。

子供は?

 娘さんが1人いるようです。會澤選手も男らしいシャープな顔立ちなんできっとかわいい子だと思いますね。

まとめ。2019年FA獲得

2019年オフはFAも獲得します。現状Cランクです。広島は丸の引き留めが最優先ですが、正捕手の流出もいたいので広島に残るよう、球団は努力するしかないすね。